きっと

だからさ、いいのよ、ブログなんて好きに書けば。
・・・ということで。

***************

メールハーモニー潮、春のお座敷2連発、無事終了。
強力な助っ人さんのおかげで
突然決まった30分のお座敷にもなんとか応えることができ、ほっとしている。


いつも無理ばかり頼んでいるのに全力で応えてくれる助っ人さんに感謝。

その助っ人さんから一生懸命なにかを学ぼうとするメンバー、エライぞ!

今回もジャストな選曲をしたねこまっく、エライぞ!(自爆)


どこで演ろうと、どんなちいさな舞台であろうと
一回一回の本番て得るものがあって、
やっぱりすごく大事だ。

今回は、幕開けの曲がヨロヨロでどうなることかと思ったけど
尻上がりに調子が出て、中盤からは見事な集中。
「こんなに反応できるなら、普段からやれよ・・・」とか
ちょっと思ってしまうぐらい、指揮に対する反応がよかったり。
あのひとたち、よくわかんないわ(笑)(←ほめている)。


なんというか、
なにを目指して合唱してるかって、
さあ・・・この「やった」感なのかな。
その瞬間だけは、みんながひとつの方向を向いてる、
ひとつの言葉や感動を共有してる、という。

幻想かもしれないけれど。

ううん、きっと、幻想ではなくて
ほんとに、そこには、なにかがあるのだと。
ちいさくても、ささやかでも。

それを信じたいのかもしれないな、私は。


画像は、ワルモノんちでごちそうになったうどんすき。
ワルモノ・・・今から行っていい?
 
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年05月19日 15:18
「ブログなんて」・・には、やや、引っかかるところもありますが、お元気そうで、ご同慶のいったりきたりです。
「こんなに反応できるなら、普段からやれよ・・」・・指揮者先生としては、そう思われることは多々あるのでしょうね。
私のほうは、「信長のトカチンチン・・」、老人には共感できんと・・開き直っている昨今です・・。でも指揮者先生にとっては「喝」でしょうね、分かってはいるのですが・・。
2010年05月19日 20:15
メールハーモニー潮は、着実に成長しているようですね。
指揮者とメンバーの気持ちが、ぴったり一つになっていることが、成功の最大の原因のようですね。
益々のご発展を!
ブログなんて、適当でいいですから..。(笑)
ねこまっく
2010年05月19日 20:27
人生ゆっくりさん♪
あの・・・(汗)「ブログなんて」は、めったに更新しないねこまっくの自己弁護です。
うちもこれから信長をやりますよ。とは言っても彼の作品のなかではシンプルなものです。信長はね~、あの独特のトーンがたまりません。人生ゆっくりさんのとこは『思い出すために』でしたっけ? 大好きな曲集ですが、あれもリズムがねえ~(笑)
しかし、今を生きる旬の作曲家の作品にふれてほしいという指揮者の意図を感じます。がんばってください。
ねこまっく
2010年05月19日 20:34
カンツォーネさん♪
うちは高年齢ですし、技術が高いわけではありませんが
みんなすごく素直です。
ねこまっくのムチを甘んじて受け、それに応えようとする・・・やはり合唱人はMが多いのかもしれません・・・
ふくちゃん
2010年05月20日 23:29
ふぅ~。
出張は疲れました。
気を取り直して合唱練習。
四十雀。
歌えば歌うほど難しくなる。
半音の音程はやっぱりとりにくいですねえ。
絶対にトップテノールの方が簡単な気がする。
高い音さえでれば。
しかしセカンドはとても勉強になります。
半音の練習。
気合いを入れよう。
さてねこまっくさんに質問です。
最近のわたくしの声の響きはいかがでしょうか。
だいぶコツがつかむことできるようになり自分でもかなりいい線いっている気がするのですが(勘違い???)
どうなのでしょうか?
2010年05月21日 09:47
合唱は皆で「歌ったぞ!!」という気持を一緒に感じるのが、いいですね。
だから、やっぱり合唱はやめられないのです。
でも、そこで違う方角を見ている人がいると、上手くはいかないですから、ねこまっくさんの所は、皆さんきちんと同じ方角をみていらっしゃるのですね。
これからも、どんどん素晴らしい演奏になりそうですね。
ねこまっく
2010年05月21日 20:27
ふくちゃんさん♪
そうですね、気をつけてらっしゃるのがわかりますよ。
もっともっと口はあけた方がいいですね、縦に。
響きのポイントがまだ浅いみたいですね。
響きのポイントを口のどこらへんでつくるか、というのは経験の中で学んでいくしかありません。レッスンしてあげればいいんだけどね・・・。
まあ、声が「練れてくる」には2年くらいはかかりますよ。気長にいきましょう。
ねこまっく
2010年05月21日 20:31
沙羅さま♪
そうですね、「歌ったぞ!」とか「やりきったぞ!」って感じられることって、そういつもいつもはないですけどね。
それでも、そう感じることが時々できる合唱団なので、
私はヤツらが大好きなのです。ま、これからは年齢との勝負ですねえ(笑)
ぴあの
2010年05月24日 10:16
先日 練習の後 KEN先生から声がかかりました。
「ねこさんが京都にきたら3人で食事しょう」と。
私が入ったらお邪魔じゃないかと・・・返事を濁してしまいました。
今週末 合唱祭があります。「ライオンキング」素敵に仕上がりましたよ。
先生曰く「オンリーワンが素晴らしいと」私も同感です。素敵な仲間と歌えて本当に楽しいです
ねこまっく
2010年05月24日 12:29
ぴあのさ~ん♪
今週末のって「おかあさんコーラス大会」の支部大会を兼ねてるやつじゃないですか?
ぜひぜひステージにオンリーワンなフラワーの世界を創りだしてくださいね。
ところで・・・
8月に長岡京市で発声の集中講座みたいのがあるので
それを受講しようかなと考えています。まだ詳細が発表になっていないので未定ですが、参加する気マンマンです。
夏の京都、暑かろう・・・と思いつつ、
そのときにケン先生やぴあのさんにお会いできたらうれしいです。
ふくちゃん
2010年05月24日 22:32
4月からNHK教育で坂本龍一、教授の「スコラ」という音楽番組が始まりました。
音楽初心者にとっては、めちゃくちゃ面白い番組です。
最初の4月はバッハ。
番組に触発されて、CDリヒテル、平均律クラヴィーア曲集全巻を買ってしまいました。
小学生時代音楽の時間で、クラシックレコードを毎回先生がかけるのですがバッハだけはお目目がぱっちりあいてました。ほとんどの音楽は3分聴いただけでスヤスヤしてましたが。
バッハさん、不思議な人でした。
音楽の旧約聖書を聞いて天才の神髄を堪能します。
ついでに譜面も買っちゃいました。
今後、何かの役に立つかもしれないと思い・・・。
えへ。

この記事へのトラックバック