ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS あんこん

<<   作成日時 : 2009/02/13 12:34   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 18

あんこん
いんこ
う・・

えー、徳島県合唱アンサンブルコンテストが、去る2月11日に開催されました。
というか、開催しました。

昨年夏に仕切った2つの大会は、自分は出場せずに、裏だけだったのですが
今回は、大会を運営しつつ、エントリーもしていたので
なかなかなかなか。

アンサンブル・コンテストは、3人以上16人以下のグループなら誰でも参加できます。
普通のコンクールのように課題曲はなく、規定時間の中で、任意に選んだ曲を歌います。
衣装やパフォーマンスをつけたり、楽器を入れたりと
グループの個性を生かした演奏がきけるのが魅力。

「潮」も、一昨年の大会はエントリーして、
こんなかんじ(←クリック)でした。
今回の曲目は
  ・絵日傘(多田武彦:「中 勘助の詩から」から) 
  ・かもめ(多田武彦:「中 勘助の詩から」から)
  ・うたおう(大中 恩)

うちの団は初心者が多いので
横(メロディーライン)はともかく、縦(ハーモニー)が決まらないのが課題。
もっと言えば、
和声が決まってんのか、決まってないのかもわかっていないのが問題?(笑)
まあ、なかなかねえ(笑)

練習で出来てないことは、本番では出来ない。
ハーモニーの大崩れはなかったけれど、
決めたかったロングトーンのハーモニーはやはり決まりませんでした。はは。
これが決まり出すと、選べる曲の幅がぐんと広がるんですけどね・・・
でも、今回の曲ならではのアンサンブルは、まあまあ出来たかな?

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

しかし、アレですね。
自分が歌う、とか、ピアノ弾く、とかいうのなら自分のコントロールだけですけど
合唱団を率いて、ってのは難しいですね。
今回は、副指揮のバッハ君にストレッチと発声をおまかせして
私は本番前の調整だけにかけつけました。
(バッハ君にしても実行委員の一人ですから、たいへんはたいへんなんですが)
ま、彼は秋に大チョンボをやって、ねこまっくに一喝されてますから
今回は挽回のチャンスだったわけです。

よく頑張ってくれました。

実をいうと、本番では、バッハ君が「♪つまずいた〜」のソロで、やっぱりつまずきやがって
ねこまっく、指揮しながら笑ってしまいました。
予想通り(笑)! 
練習で出来ないことは、本番では出来ません。定説覆らず!

不思議ですね。
指揮しながら、私も本番、楽しかったのです。
いっぱいキズはあったのにね。

練習の取り組み、みんなの気持ち、諸条件が合わさって
ときどき、ほんのときどき、舞台の神様がニコッって微笑んでくれるときがある。
そんな瞬間があるから、きっと音楽やめられないんでしょうね。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

結果は、金賞。
そして、ベストハーモニー賞もいただきました。
(ベストハーモニー賞は金賞団体の中から複数受賞)

びっくり!

アンコンに出るなら、一番もらいたい、それが「ベストハーモニー賞」。
でも、うちはムリやなあ、と思って
ねこまっくは、はなっから「熱演賞」狙いだったのですが(笑)

オッチャン達、喜んで、夜の宴会でも大ハシャギでした。
ねこまっくは、実はまだ首をひねっています。
録音MDをきいて、さらに首をひねり直しています。

まあ、いいよね。
賞とかは、オマケみたいなもんだし。

本番で、みんなが楽しく、自分達なりに納得する歌を歌えた、
それが一番ですよね。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

さて、今回で14回となるアンコン。
ベストハーモニー賞の中から、「一番すぐれた演奏をしたグループ」に
グランプリ賞、というのが贈られます。

私の知る限り、いつも小学校が受賞してました。
うまい学校があるんです。
去年は中学校だったかな?

今年もてっきりそうだ、と会場中の誰もが思いこんでたら
今回は、一般部門の(ちょうど潮のすぐ後で演奏した)女声合唱グループが受賞しました。
一般部門からの初の受賞!
本人達もびっくりしてました。

これは、すごく大きなことだと、ねこまっくは思いました。
だって、学校の部活動って、先生がつきっきりで毎日でも練習できるわけです。
でも、一般の合唱団は、みんな仕事や家庭をやりくりして
一週間に一度集まるのがせいいっぱい。
どうしても時間の制約は受ける。
「仕上がり」「完成度」という点では、どうしても、小学校や中学校にはかなわない。

そんな中の受賞です。
一般部門の合唱団に「私達もがんばったら、グランプリをもらえるかも!」という希望を与えたに違いありません。


あ〜、もしもし?
「次はグランプリじゃー!」って、徳利振りながら言ってる潮の人。
ごめん、それはムリですから(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
楽譜に埋もれて
2月11日に県の合唱アンサンブル・コンテストが終了。 このコンテストを主催するのも2回目。 主催しながら出演もするのは、も、ほんと、たいへんだけど とにかく無事終了。 ...続きを見る
ねこまっくの日誌
2010/02/16 12:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
「金賞&ベストハーモニー賞」の受賞おめでとうございます。そして、大会運営お疲れ様でした。いつもながら、先生のバイタリティーの富んだところ、すごいなぁと思います。

2/11、体調が悪くいけませんでした。とても残念。素敵な歌声と、皆さんが頑張る姿と先生の勇姿、拝見したかったです〜!
なな
2009/02/13 12:51
沢山の賞をおめでとうございます!
おぉっ!バッハ君が登場した!この日をずっと待っていました・涙
元気やったんやね…
でも、おっきなチョンボやってしまってたのか…笑

【ねこまっく、指揮しながら笑ってしまいました。】
それを見ているメンバーたちは歌いながらどんな事を思うのかな?
ねこまっくさんの笑顔でリラックス出来るのか…
それとも、いつもは見せない笑顔を見て背中にツッーっと変な汗を流すのか…
メンバーに1度聞いてみたいですね!
海のはなし
2009/02/13 18:29
こんばんは、お邪魔します。僕はメンバーの一人でございます。
ねこまっくさんの指揮はとても分かりやすいんですよ。客席からは見えないと思いますが、これでもかぁというくらいメンバーに身振り・手振り・表情で指示を出してくれているんです。凄いですよ。
本番中に笑顔を見せてくれる時でも、こちらは決して気は抜けませんが、そんな余裕ある指揮の雰囲気にこちらも安心して歌えます。
やっぱりコワイのは練習中でしょうか
ぶんたろう
2009/02/14 01:30
ななさん♪ありがとうございます。
忙しいのが好きなわけじゃないんですが・・・まあ、そういう年齢になったってことですかねえ。連盟には今までお世話になりっぱなしだったので、ご恩返しだと思って裏方頑張っています。
文章では詳しく書きませんでしたが、今回も「一芸」をしました(笑)
そのうちCDやDVDが出来るので、よろしければきいてやってください。
お体の具合はいかがですか?
文化会館で元気なななさんの笑顔に会えるのを楽しみにしています。
ねこまっく
2009/02/14 01:37
海のはなしさん♪ありがとうございます。
海のはなしさんは、やけにバッハ君の肩を持ちますね。
彼はいつも元気ですよ。そして、いつもねこまっくに怒られて、いえ、指導されています。怒られているとき、ビミョーにうれしそうなのが、私にはなんとも不可解です。
おたずねの件については・・・私にはなんとも・・・。
ねこまっく
2009/02/14 01:43
ぶんたろうさん♪先日はおつかれさまでした。
いっしょにお酒が飲めなくて残念でしたね。
みんな、調子にノッてましたよ(笑)

フォローをありがとうございます(;^_^A
今回はうちにとっては苦手な部類の曲だったので
仕上がりが遅く、最後の追い込みはちょっと鬼猫モードに入ってたかもしれません(^▽^;)
みんな、文句も言わずよく頑張ってくれましたよね。
しばらくは本番もないので、またのほほんとやりましょう♪
花見の宴をするって言ってましたから、今度はぜひご参加ください。
あ・・・! ぶんたろうさん、そういえば、一周年ですねえ・・・!
ねこまっく
2009/02/14 01:51
ぶんたろうさんへ
ありがとうございます!
普段のねこまっくさんが見えてきそうです・笑
やはり、怖いんですね…笑
でも、ここでヨイショしちゃったから
当分はぶんたろうさんには優しく指導してもらえそうですね・笑
次の大会目指して頑張ってください。
海のはなし
2009/02/14 17:37
アンコン,お疲れさまでした!
普段がんばっていることが
こうやって皆にわかりやすく
(受賞という形で)
あらわれると,
ほんっとに嬉しいものですよねえ。

本番前のレッスンで厳しかった分,
本番ではいわゆる曲の難所も
乗り切っていけるものです。
私も,よく
「本番の指揮の笑顔にホッとしました」
と言われていました。
(本番だけかよ〜)

メンバーの力を最大限に引き出そうとすると,
普段はどうしても厳しくなりますよねえ・・・
もっとできるはず! と思うし。

最近は,もっぱら指揮なしの
歌うだけ,に徹しているので
久々に指揮者としての本番ドキドキ感を
思い出しました!

メンバーさん達におめでとうございますと
お伝えくださいませ!!!
じゅんじゅん
2009/02/14 19:33
海のはなしさん♪
ヨイショではありません。真実です。
コワイのも。
ねこまっく
2009/02/14 19:39
じゅんじゅんさん♪ありがとうございます。
年齢との闘いですからね、うちは(笑)
一年一年、ひとつひとつのステージで満足感を感じてもらおいたいと思っています。
名指しの個人指導もすっかり当たり前になりましたから
そんなに怖くないと思うんですが。
さほど厳しいつもりもないし。
だって、まだ誰も泣かしてないもんな。
ねえ、じゅんじゅんさん。音楽の世界じゃ、こんなん序の口よな?
ねこまっく
2009/02/14 19:48
そうです。
・誰も泣いていない
・誰も退場になってない

これは,ちょっと考えられんくらい
やさしい指導者です。(自己弁護含む)
じゅんじゅん
2009/02/14 20:34
なつかしいですね・・・(遠い目)
昔はよく泣かしましたね。
ガツン!とやって、後で一人呼んで語ってきかせて、泣かして落とす。
というのが、私の得意技でした。

そんなねこまっくですが、さすがに、人生の先輩たるオッチャン達には、敬意をもって接しています。
やさしい指導者よねえ♪
ねこまっく
2009/02/14 20:46
いいですね〜〜まずはおめでとうございます!

>本番で、みんなが楽しく、自分達なりに納得する歌を歌えた、それが一番ですよね。
私も大賛成。同じ意見です。
KEN先生が言われます。上手な歌はプロに任せりゃいい。私たちは歌を楽しみオンリーワンを目指そうって。

だからってヘタでいいというわけでなく、「これが我が合唱団なのだ」って胸を張って歌いたい そう思いながら練習に励んでいます。
私が言うのもおこがましいですけど、楽しみましょうネ
ぴあの
2009/02/15 11:25
必ずしも満足いかない出来なのに好成績、ということは、地力がついてきたのでしょうか?
いずれにしても、おめでとうございます。
↑のやりとりをみて、私は合唱をやっていなくて良かった、とつくづく思います。
カンツォーネ
2009/02/16 11:24
ぴあのさん♪ありがとうございます。
私も同じ思いです。
常に、今より一歩前へ、もう一歩前へ、という思いを持って
練習にはげむことで得られる“楽しさ”をもとめたいと
それも、ケン先生に教わったことのひとつです。
うちは決してうまくないんです(笑)ほんと。
でも、みんなよく頑張ってくれます。

ねこまっく
2009/02/17 00:13
カンツォーネさん♪ありがとうございます。
「満足いかない」のは、ねこまっくの思い描く音とのズレって事だけで
みんな、練習での力は出し切ったと思います。
これ以上望んだらバチが当たります。

合唱だけでなく、習い事はみんなそうですよ。
カンツォーネさんとこの先生だって、だんだんと手厳しくなってきてるでしょ? これからですよ・・・フフフ。
ねこまっく
2009/02/17 00:18
金賞おめでとうございます。
素晴らしいですね。ハーモニーは一朝一夕ではできないもので、練習の賜物。だから練習でできないものは、本番では出来ませんね。(^_^X)
ところで、アン・コンいいですね。当方でもこんな楽しいアン・コンがあればと思いました。実力がないと絶対でられないアン・コンはありますが。
沙羅
2009/02/21 14:07
沙羅さん♪ありがとうございます。
「ハーモニーが」って言い出して、もうずいぶんになるんですが
こればっかりはね(苦笑)
福島では去年から全国大会が行われてますね。
他県では、アンサンブルコンテストで優勝した団体が、全国大会へ、というふうにエントリーをつなげているようですが、徳島は対応していません。つなげると、今のアンコンの楽しい雰囲気がどうなっちゃうのかな〜という気持ちがあります。
でも、福島のアンコンは一度聴きにいってみたいと思ってるんです。
ねこまっく
2009/02/25 13:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
あんこん ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる