ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 役得

<<   作成日時 : 2008/11/05 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

一部で「しわ寄せは」とか自虐的な言われようをしつつも
今年も、県主催の「しあわせは、ふたたび」コンサートの第1弾が終了。
オーケストラ伴奏で、ソロ付きの合唱曲「しあわせは」と、「阿波の国ラプソディー」を演奏。
2曲とも徳島県オリジナルの曲です。

指揮/秋山和慶
ソロ/増田のり子(ソプラノ)、喜田美紀(メゾ・ソプラノ)、米澤傑(テノール)
オケ/徳島交響楽団(賛助・東京交響楽団)
合唱/徳島県合唱連盟

当初は、合唱は2曲だけだったのが
突然、アンコールに「メリー・ウィドウ」のワルツが増え、
本番2週間前に、ソロのガラコンのバックコーラスも入れることになり
「ハバネラ」と「誰も寝てはならぬ」が追加され・・・。

この合唱団はプロじゃないですよ、ふつーのおっちゃん、おばちゃん達ですよ、と言いたいのをガマン。
いい機会ですものね。
ねこまっくは、学生時分に、「カルメン」を勉強してたので、楽勝でしたが、
フランス語ちゅうたら、「ジュテ〜ム」とか「トレビア〜ン」くらいしか知らないおっちゃん、おばちゃん達が
ほとんど練習もなしに、よく歌ったもんです。はは。

ねこまっくは、春からの合唱講習会に、練習ピアニストとして参加。
本番は合唱隊の一員として歌いました。
普段の講習会は、ねこまっくの師匠が講師なので、気心もしれたものですが
本番前になると、本指揮者がやってきます。
オケ合わせの前の合唱練習はピア伴でやるんです。

考えてみれば、ねこまっく、たいへーん!
でも、いつもわりと平気で弾けるんですね、なんでだ?(笑)
去年は飯森範親さん、
今年は、増井信貴さん、そしてついには秋山和慶さんの指揮でピアノを弾けるなんて
こんなぜいたくなことはありません。

それにしても、秋山さんの指揮は美しい。
春に鳴門の第九を振った西本智実さんの指揮も美しくクリアだと思いましたが、
秋山さんはそれ以上。指揮にすべてが描かれているので、言葉での指示がほとんど不要。
さすが!

ねこまっく、本来ならば、ソロのピア伴なんてする必要ないのですが、
なんとなく流れで、突然、弾くことになり・・・。わわわ!

でも、うん、まあまあかな♪
オペラのアリアって、言葉に沿ってけっこうルバートがかかり、楽譜通りにはいきません。
合わせるに独特のコツがいるのですが、
ねこまっくはそのへんはお手のもの。声楽が専門なのでね、いちおう。
それに、うまい歌い手ほど、自分がどう歌いたいか、次にどう動きたいか、というのを
きちんと声と歌でしめしてくれるものなのです。

うまくルバートに沿った部分なんかは、秋山さんがにっこりとほほえんでくれました。
ああ、ジェントルマンだわ〜♪

・・・というわけで、すっかり秋山さんに心酔。

秋山さん指揮、東京混声合唱団、ロジェのピアノの名演『光る砂漠』のCDを持ち込み、
師匠にたのんで、サインをもらってしまいました。
これを役得と言わずしてなんと言おう!

画像


名前も入れてもらったのだ!

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
久方ぶりの記事アップですね。フフッ・・と、拝読しました、何か、前夜の酔いの余韻があるようにも・・感じますが、これは私の偏見でしょうか。
徳島は、知りませんでしたけど、何かと元気なのですね・・。
西本智実指揮&東響「第九」は、近くの町田で、やるそうです、うたいたかったですが。
私は、今年は第九には、見向きもせず「ヴェルディ」にかけています。
ともあれ、お元気そうで・・よかったです。
人生ゆっくり
2008/11/05 17:37
役得ですね。(^o^)
私も、以前に大ファンの大中恩氏のサインを「島よ」の楽譜に頂きました。裏側にいたのでね。

でもさすがですね。
ルバートなんて、数えていては掛けられませんから。あれは、やっぱり勘ですよね。音感ですね。あれっ!字が違うかな。(^^ゞ
沙羅
2008/11/05 21:55
秋山さん、テレビでしか見た事ありませんが、さすがすごい人なんですね。
その指揮でピアノを弾くなんて、まさに役得!
>うまい歌い手ほど、自分がどう歌いたいか、次にどう動きたいか、というのをきちんと声と歌でしめしてくれるものなのです
ハイ、肝に銘じておきます。
カンツォーネ
2008/11/06 16:35
ねこまっくさん♪
ご活躍の様子嬉しく思います。
ふつーのおばちゃんのソナチネでは西本さんとねこさんが、だぶってしまうのです。(笑)
寒くなってきましたから体調管理は気をつけてね。♪
ソナチネ
2008/11/10 21:27
人生ゆっくりさん♪
11月8日・9日に、上記記事の第2・3弾があって、
やっとこ一息ついたとこです。
第九のヴェルディ、メサイヤと、年末はどことも大曲の演奏会が目白押しですね。コンディションに気をつけて思う存分歌われてください。
ねこまっく
2008/11/11 10:28
沙羅さん♪
ありがとうございます。
声楽、弦楽器、管楽器、それから音域などによって、ビミョーに合わせ方のコツってあるんですが、なかでもオペラ・アリアなんかは、やはり独特ですね。
アリアの伴奏は久しぶりで、楽しかったです。
それにしても、「誰も寝てはならぬ」っていう曲名を言っても合唱団のおばちゃん、キョトンとしてるのに、「イナバウアー」って言ったら、みんな歌い出すのにはびっくりです。
ねこまっく
2008/11/11 10:30
カンツォーネさん♪
うまい人ほどーーーというよりは、
「どう歌いたいか、歌うべきか」というのが確固としてあって
しかも、それを自然に表現する技術を持っているーーーのが、
うまい人なんだろうと思います。
ひとつには、やはり経験を積み重ねることなんでしょうね。
お互い、長い道のりですが、まあトコトコと(笑)
ねこまっく
2008/11/11 10:33
ソナチネさん♪
ありがとうございます♪
西本さんも美しい指揮でしたね♪お手本にしたいです。
さてさて、ねこまっく、もう約一週間にわたって、声を出すことができない状態です。ほんま、風邪をナメてちゃいけません。
ソナチネさんも、気をつけてくださいね。
ねこまっく
2008/11/11 10:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
役得 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる