ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS いつのまに、もう秋

<<   作成日時 : 2008/09/05 19:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

5・6年前、ほぼ日刊イトイ新聞で
「心に残る先輩のコトバ」(のよーなタイトルだった、忘れた・・・)を募集していました。
投稿、などというのはしたことないねこまっくですが
その時は、なんでだろ、メールを書いて送りました。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※    
すぐに夢中になって、 
仕事にのめりこんでしまい、
夜も昼も忘れて突っ走ってしまう私。
それは自分の美点でもあるけれど、
大きな危険もはらんでいると
気付かされた先輩の言葉があります。

いつも一歩ひいて私を見守り、
シャカリキになった私が侵すポカを
フォローしてくれていた先輩。
 「必死になって、肩に力が入って身動きがとれなくなったら、
  空から自分を見てみろ」
……頑張りすぎて、
周りが見えなくなっている自分がいました。
目がつりあがって、周囲のことなんかおかまいなしで。

シュンとした私に、
先輩はもうひとつの言葉をくれました。
「ひとりで成功するよりも、
 みんなで成功した方が喜びは大きい」
 ひとりで何でもやろうとするな、
周りをもっと信用して甘えて
めんどくさいけど、みんなで
ひとつひとつ階段をつみあげていく方が
ずっと大きな成果があるんだよ
と知らされました。

あれからもう10年がたちます。
空から見た自分に満足できる日は、
いつかやってくるのかなあ……。(ねこまっく)

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  

膨大な投稿があるだろうし、ボツだろうなと思ってたら
「ほぼ日刊イトイ新聞」に載りました。

・・・・で、後日、NHKの方から電話がかかってきました。

「今度、私達は“幸せワクチン”という番組をつくるにあたって
『ほぼ日』の今回の投稿をすべて読ませていただいた。
で、ねこまっくさんの投稿に、非常に心をひかれたので取材させていただけないでしょうか」

・・・取材って、テレビ?
「え・・・・困ります」
当時、まだタウン誌をつくったりする仕事をしてましたから
表に出るのはなんとなく困るし、テレビとか嫌いだし。

でも、そのプロデユーサーの女性がとても感じがよかったので
電話などでお話するだけなら、と、お返事しました。


上記の先輩云々の話は、ねこまっくの教師時代の話です。
そんな話から、今は編集の仕事をしてて・・・・とか話したら
プロデューサーの方、「やっぱりねえ!」となぜか感嘆符。
「今回、膨大なメールから3人のメールを選んだんですが
ねこまっくさんをはじめ、3人とも編集者でした」

文章書くのが仕事ですからね、勢いそうなるのでしょう。

いろいろお話したけれど、やはりテレビはちょっと・・・ということで
取材はお断りしました。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※    

久しぶりに、この文章のことを思い出したのは
久しぶりに、実感したからです。

「ひとりで成功するより
 みんなで成功した方が、喜びは大きい」

怒濤の8月が終わり、
ねこまっくが実行委員長をつとめた四国合唱コンクールが無事終了。

大会が無事終わったことはもちろんうれしいけれど
さまざまな障害や悪意にもめげず、完走しきった自分もよーがんばったな、と思うけど
それよりなにより、
今回のことで、役員がなかよく協力することができたのが一番うれしい。
どんな行事をするにも、今ひとつ一丸になれてなかった役員が
少し“仲間”って雰囲気になりました。
ま、全員ではないがな。

「ひとりで成功するより
 みんなで成功した方が、喜びは大きい」

M先生、やっと、この言葉を他人にむかって言えるようになりました。
15年かかったね(笑)

さあ、今からその仲間と打ち上げです。
飲むぞー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いい話だなぁ〜。
私の長かったサラリーマン人生で、「ひとりで成功するよりも、みんなで成功した方が喜びは大きい」と言えることが、何回あっただろうかと考えてしまいました。
成功は何回かあったにせよ、ほとんど一匹狼状態。
「みんなで」と自信を持って言えるのは、1回だけかもしれません。
..と、ここまで書いてきて、仕事しか発想できなかった自分にあきれてしまいました。
家族のこと、趣味のこと、ボランティアのこと、いっぱいある筈じゃないですか。
まだまだこれからも、できるかもしれませんよね。
カンツォーネ
2008/09/05 20:59
大事なことを言い忘れました。
四国合唱コンクール無事終了、おめでとうございます!
カンツォーネ
2008/09/05 21:02
我が身に振り返ってみても、がむしゃらの人生だったかも。
周りを見回す余裕など、余りなかったような気がします。

人生に置いて先輩の言葉は、その人の人生をも決めてしまうこともあります。
信頼できる先輩がいたからこそ、今の自分があるかも知れない。
そう言いきれることが、嬉しいことかも。

今頃仲間と合唱コンクールの成功を祝って、大いに飲んでいることでしょう。
友と飲む酒、仲間と飲む酒、家族と飲む酒
色々な酒があるけれど、同じ目的を持った仲間と飲む酒も、美味しい酒となりますね。
風の旅人
2008/09/05 22:35
四国合唱コンクール無事終了おめでとうございます。
「ひとりで成功するより
 みんなで成功した方が、喜びは大きい」
ほんとうにその通りですね。
でも、最近私は、「一人で失敗する方が、みんなに迷惑かけない」という考えで活動してます。
いけないですね。やっぱり。(~_~;)

いいですね。飲むお仲間がいて、楽しいお酒を召し上がっていますね。(^o^)
沙羅
2008/09/05 23:02
今、打ち上げから帰宅。
一ヶ月もほったらかしのブログなのに、
アップしたとたんに、こうやって何人もの方がコメントくださることに感激しています。気にかけてくださってありがとうございます!
まあ、今日の飲み会も「あんたなあ・・・」ってことはあったのですが
負けません! せっかく団結したんだもん。負けへん!
ねこまっく
2008/09/06 02:32
カンツォーネさん♪
そういうものかもしれません。
私だって、「みんなで一丸となっての成功」を実感したのなんて
そんなに回数ないです。
合唱をしてるのにね。
音楽もひとりではできません。
ピアニストと観客と・・・会場が一体となった時の高揚感は
たとえようもない喜びでしょうね。カンツォーネさんはこれから
きっとそんな経験がいっぱいできますよ!
ねこまっく
2008/09/09 14:46
風の旅人さん♪
今、旅の空ですか?(笑)
「出会い」というのは不思議ですね。この先輩との出会いが
私の教師としての方向を決定づけたし、大きな影響を受けました。
自分が先輩からもらったものを、そろそろ誰かに返していかなければいけないトシになってきたのかな〜、などと思いますがなかなか!(笑)
ねこまっく
2008/09/09 14:50
沙羅さん♪
「一人で失敗する方が、みんなに迷惑かけない」
・・・それも・・・たしかに・・・実感します・・・(笑)
ひとそれぞれ立場やその時々の状況が違うので、
「みんなでがんばろう」と強要するのも難しく、
なかなか、「チーム」での成功というのは実現しないのですが
やっぱり夢見てしまいます。いつまでたっても青い・・・。
ねこまっく
2008/09/09 14:54
「ほぼ日刊」という言葉は知っていますが、読んだことはありません。
どこだったかよく覚えていませんが、田町とか品川の辺りを歩いていた時、「糸井事務所」というプレートが、かかったビルがあり、ここでやっているのかな、と思ったことがありました。
この記事、「先生」時代の思い出ですか・・、失礼ながら、その頃の記事が、いちばん活き活きとしているように感じています。でも人生、いろいろです、大きく飛躍していただきたく・・。
それはそうと「男」の合唱団、いかがされていますか・・。
人生ゆっくり
2008/09/11 17:50
人生ゆっくりさん♪
そのときどきで、いつも「今が一番たのしい」と思っていますが・・・
大学を卒業して5年間教員をしました。やはり若かったのでしょう(笑)
もちろん楽しいことばかりではありませんでしたが。

男声合唱は、「潮」は今、中勘助を
もうひとつの方は、柳河をやってます。
秋はお座敷も多く忙しいですよ。
ねこまっく
2008/09/13 10:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつのまに、もう秋 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる