ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS きよ花 〜道後旅行 その3〜

<<   作成日時 : 2008/04/14 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 15

朝から温泉に入って、
きよ花でお腹いっぱいになって、
「温泉入ったし、もう本館はいいか」とか言い出してたワルモノやねこまっくですが
まきこさんが「絶対入る!」と、猛然と反対したので、
へいへい、と返事して、
腹ごなしに、まずは四国八十八ケ所のひとつ、石手寺(←クリック)へ。

ねこまっくは、実は一度来たことがあるのですが、
なんというか、「寺もいろいろですね〜」と、あっけにとられた覚えが・・・。

だってね、山門の前にいきなり、こんなんがあるんですよ。
なんでしょうね?
「阿吽」の仁王像よろしく、門の両側にあります。

画像


それを激写するワルモノ。
うん、そりゃ、撮らいではおれんわな(笑)

画像


由緒あるお寺なんでしょうが、なんだかやたらめったら主張が多すぎで
結果、なにがなにやらわからなくなって、怪しさばかり印象に残る寺になってしまっています。

洞窟のマントラ? なに?
マントラを抜けると、その向こうには地獄が・・・。
いや・・・「Welcome」って言われてもね(笑)

画像


なんですか? 組み立て体操ですか?(笑)
もう、いろんなものを撮らいではおれません。

画像


※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

パラダイス@石手寺を堪能し、道後の温泉街。
とりあえず、コーヒーでも飲みますか、と、
町家をオシャレ〜にアレンジしたカフェに入ったのですが
ここで、私達の最大の敵、「メーワクな子供連れ」に遭遇。

泣きわめく赤ちゃん、
座敷を転げ回る子供、
それらを注意しない親。

オシャレ〜で静かな大人のカフェに、子供連れてくんなよ。
ファミレス行ってくださいよ。
っていうか、自分の子供でしょ、注意しろよな!(怒)

コーヒーはおいしかったのですが
メーワクな子供連れのおかげでチョー不機嫌になってしまった私達。
意を決して道後温泉の、有名な本館(←クリック)へ。

画像


入口で札を買うと、まずは休憩所に通されます。
この籠に上着や荷物をおいて、浴衣を手に、さあさあ、浴場へ。

画像


私達は「神の湯」に入りました。

画像


「浴槽が深くて立って入らなきゃいけないのよ」とか
「熱くて熱くて入ってられないのよ」とか
「シャワーなんか温度調整ができないのよ」とか
「入り方がわからないのよ」とか
とある人から話を聞いてたのですが、
なんだ、普通のいわゆる銭湯じゃん。

町のおばあちゃんやおばちゃん達が気軽につかりにきてるような庶民的な感じ。
湯の温度がけっこう熱めで、ぶわっ!と汗がふきだしてきました。
いいねえ、温泉だね〜♪

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

湯上がりは浴衣に着替えて、再び休憩所に。
「神の湯」入浴者には、お茶とお菓子のサービスがあります。

画像


開け放した窓から、3月にしてはまだ冷たい風が入ってきて
ほてった体を気持ちよくしずめてくれます。

いやー、しかし・・・・
みんな、すっかりゆるみきってますな(笑)

画像


本館を出て、愛媛名物みかんジュースを飲み、
じゃこ天をかじり、
みやげを買って、
道後をあとにしたのでした。

しかし、女4人、このメンバーでの旅はいいね。
よく食べ、よく飲み、よく話しました。
そして、決して人様には見せられない写真がいっぱいできました。

次は、直島にでもいきますか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
別格九番札所 大法山 文珠院 徳盛寺
四国八十八ヶ所お遍路について ...続きを見る
四国お遍路八十八ヶ所
2008/09/16 01:58
秋川雅史さんで一段と有名になった西条祭り
この西条祭りは愛媛県西条市で10月14日から17日にかけて行われる祭りでこのうち15日、16日に行われる伊曽乃神社祭礼が秋川雅史さんも練り歩く最大の祭りとなります。 15日の午前2時頃から伊曽乃神社での宮だしに始まり、16日の午後3時頃の加茂川の川入りでフィナーレを迎えます。 見所は16日の午前2時頃から奉納される80台あまりのだんじりが集結する御旅所と川入りです。まさに一堂に集まっただんじりは圧巻です。 終日にわたって練り歩くさまは、全国的にも珍しく豪華絢爛絵巻を想わせます。 ... ...続きを見る
ころころレポート
2008/10/14 23:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
道後温泉は、やはり「高いほう」に入らないと、ムードを満喫できないようですね。
我ら、団体で「安いほう」に入りましたが、刺青のお兄さんがデンと入っていたりして、早々に上がりました。まことに情緒に乏しい思い出です。
人生ゆっくり
2008/04/14 10:30
石手寺に行きましたけど全然気がつきませんでした。団体旅行ってまあ、こんなものなのかしら。覚えているのは衛門三郎の話。後は短冊を貰った事、そして重文の三重の塔くらいしか記憶に無いです^^;  
本館の温泉に入れなかったことは痛恨の極み?(ちょっと大げさですが)です。
ぴあの
2008/04/14 22:02
石手寺・・・
お寺って言われないと、
地獄のテーマパークかと思いますよね。

そういえば、
椿さんという神社のお祭りも
蛇女とか見せ物小屋みたいのが出て
グロテスクだった記憶が・・・

おしゃれ〜なカフェ・・・
こちらにはなぜか、カフェ見かけません!
スターバックスか純喫茶か、みたいな。
ああ、にしおくで
珈琲とワッフルいただきたい!
じゅんじゅん
2008/04/14 23:43
人生ゆっくりさん♪
私達は「神の湯の高い方」に入りました。一応はりこんだつもりです(笑)
やはり、もっとはりこんで、「霊の湯一人1500円」に入らなきゃいけなかったかな?
でも、ああいう雰囲気、私はわりと好きなんですよ。もうちょっと広ければもっとよかったんですが・・・。
ねこまっく
2008/04/15 03:30
ぴあのさん♪
>衛門三郎の話。後は短冊を貰った事、そして重文の三重の塔
>>>そのどれも、私達は知りません。「遍路」が目的の観覧とは、そもそも私達の目線が違うのでしょう。だって、私達、本殿にお参りさえしてませんもの(笑)
もし、もう一度石手寺に行かれることがあれば、「遍路」というフィルターなしに境内を見回してみてください。不思議なもの、あやしいものがいっぱいですよ、あそこ。
ねこまっく
2008/04/15 03:33
じゅんじゅんさん♪
いまだに、「見せ物小屋」ってあるんですかね? 
それって愛媛?
愛媛のお寺って、ここしか知りませんが、みんなそうなの?怪しいの?

そうそう、徳島って喫茶店と歯医者が多いので有名らしいですよ。なんでだ?
ねこまっく
2008/04/15 03:35
石手寺の仁王さんの《Welcome》に大笑いしちゃいました。あんまり歓迎して欲しく無いですよね。彼には。(^_^X)
カフェは、残念でしたね。子どもを注意する親を見ると、最近、感動すら覚えます。(^^ゞ
それにしても、春の旅はいいですね。私も行きたいな。ふらりとどこかへ・・・・。だめです。これから、半仕事で会議に行かなきゃ・・・・・。
沙羅
2008/04/15 13:33
間違えました。
「仁王さん」→「閻魔様」でした。``r(^^;)ぽりぽり
沙羅
2008/04/15 13:34
ワテは一番安い湯に入ったので、お茶も茶菓子もでなかった(゚_゚i)タラー
やっぱり安いのはアカンみたいやなあ

まあ旅の疲れをとると言うより、旅の途中の一休み、そんな感じで入ったので、まあいいか。
風の旅人
2008/04/16 17:24
ねこさん♪
10年位前にオンナ二人で道後温泉にいきましたが
寂しいところだった思い出があります。
ねこさんの旅行記見てたら
結構楽しいとこなんだね。
温泉はグループか男女ペアで行くのがいいかな。♪
ソナチネ
2008/04/17 23:50
沙羅さん♪
ほんとにね。その「自分の子供を叱れない親」って、だいたい私の年代なんですよね・・・だからこそムカつきます!
この「ウェルカム仁王」の近くに、「石手幼稚園」があります。幼稚園の壁画には、仏画が描かれています。なんだかなあ・・・。
ねこまっく
2008/04/20 15:22
風の旅人さん♪
そもそもは、街のひと達が入りにきたり、湯治などが主だったみたいだし、
「安いほう」がそもそもの姿なのでしょう。
リニューアルしたのか、浴場はこぎれいになってました。
昔の木造みたいなのを期待してたんですが。
ねこまっく
2008/04/20 15:25
ソナチネさん♪
「千と千尋の神隠し」のモデル、ということもあって
ここ数年で急速に観光地として有名になったみたいです。
温泉街もにぎやかでしたよ。去年行ったときにはなかったお洒落ーなカフェやビアガーデンなんかも建ってました。
そうですね。旅は女友達と行くのが一番!
ねこまっく
2008/04/20 15:27
紅白の垂れ幕のかかっている建物を見たときに、何かに似ている・・・そうだ、千と千尋の湯やだって思ったんだけど、やっぱりそうなの? あの映画、上手く雰囲気を伝えているってことかなぁ。
 
Papalin
2008/04/20 17:25
Papalinさん♪
ですってよ! 多分、リニューアルされる前のふるーい元湯なら
それこそ「そのもの」だったのかもしれませんね。
温泉の廊下にも、「千と千尋・・・」のスケッチとかはってありました。
どうしよう、廊下のすみから顔なしとか出てきたら・・・。

ねこまっく
2008/04/20 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
きよ花 〜道後旅行 その3〜 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる