ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS いい本番でした♪

<<   作成日時 : 2008/03/19 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

3月9日は、メールハーモニー潮(うしお)の本番でした。

画像


メールハーモニー潮は、平成18年2月に発足(←クリック)しました。
諸事情により混声合唱団(・・・としてはもはや機能してませんでしたが)から男声が独立し、
男声合唱団と女声合唱団に分かれた、といういきさつにより
3月9日の演奏会は、その女声合唱団の定期演奏会に、男声が賛助出演という形です。

1ステージ、20分ほどとはいえ、1600名収容のホールでの本番。
独立してから、正式な演奏会での初めての本番。
そして、このステージを最後に退団する人、休団する人がいる
ねこまっくとしては、いい成果を出したいと、けっこう本気で頑張っておりました。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

メールハーモニー潮は、10名ほどの小アンサンブル・グループです。
そして、年齢構成が、いわゆる、いわゆる・・・・ハイ、高齢気味です。
30代が1名、50代が1名、あとは60代と70代。
楽譜が読めない人が半分。

でも、よく“歌う”ことができます。
もちろん、そういう練習をしているからですが、
それにしても、もともとの条件を考えると、本当に彼らは、よく“歌う”。


できるだけ、一人ひとりの声を整え、いろんな種類の歌を歌い、いろんな舞台を踏ませてあげたい。練習は真剣に。でも、あんまり神経質にはならず、おおらかに音楽を楽しむという“振り幅”は持っていたい。
一人ひとりのいいところをのばして、役に立たない人が一人もいない合唱団にしたい。

そんなことを思って立ち上げた合唱団です。

音程には気を使うし、発声は大切だけれど、
全員の声を同じにする必要はない。
発声の方法さえ団として方向が整っていれば、個人個人の声のいいところを伸ばす方向でいきたい。多少アラがあっても、その方が楽しいし、魅力的なはずだ。
10名でそれをするのは(しかもシロートだし)冒険ではありましたが
私自身は、それは間違っていないという確信がありました。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

本番の日の午前の練習。

練習の合間に彼らに言いました。
「ほんとのことを言うと、べつに本番で失敗したっていいんです。
一生懸命練習に取り組んで、今日の本番のためにできるだけの努力をしてきたなら
本番で、たとえ歌詞を間違えたって、多少ズレたって、それはいい。
一番イカンのは、本番のステージで“間違ったらどうしよう”とか考えて、音楽が消極的になったり、
自分の力を出せないことが、一番イカン。
皆さんが、毎回の練習に一生懸命取り組んでたことを私は知ってます。
だから、思い切って歌っていいと思います」

本心です。

これを、いつ、どういったタイミングで言うかというのを
指揮者としては、真剣に計っておりました。
結果的にいいタイミングで言えたかな。
すっと、皆の気持ちが落ち着いた気がしました。
(さすが、私)

本番。
1曲目が終わると、いきなり拍手。びっくりしました。
さすがの私も、それは想定外。
この拍手で彼らは一気にノリました。

画像


6曲20分、そしてアンコール。
1曲ごとに大きな拍手をいただいて、みんな本当に気持ちよく歌いました。

結成して2年。
まだまだこれからですが、一定の成果は得られたと思っています。

ま、正味のとこ言うと、
フレーズの終わりの処理はもう散々だし、
テンポの早い曲は、バラバラだし、
自信のない曲では走りまくる人数名、
歌詞をまちがいやがる人数名。

いろんな失敗はあったにせよ、
舞台の上で、彼らは自分達の今の全力を出し切ることができたと
それも全員が、そう感じることができたと思います。


うん、それが一番大切なことだな。

みんな、よく応えてくれたね。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

夜の打ち上げは、もう、もう大変な盛り上がりようでした。
楽しくて楽しくて、だから、写真撮るのなんか、ハナから忘れてました(笑)

打ち上げの席で、結成3年目の冬に、単独で“発表会という名の演奏会”をやっちゃう! ことも決定。
明日は中学生とのジョイント・コンサート、4月はチューリップ・フェアで本番。
花見もしなきゃいけないし、バーベキューも・・・
そんな話をしながら、夜はふけていったのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八ヶ岳からのお客さん 再び
昨年も今頃でした。 ...続きを見る
ねこまっくの日誌
2008/03/25 19:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと言ったってコンサートは成功裏に終わったようで、まずは目出度し目出度し。

6曲20分の間に衣装も変えちゃって、なかなかお洒落な合唱団でんがな
これもねこまっくさんの厳しいお仕置きがあってのこと。

団員のみなさんもよく我慢して付いてくれはりましたなあ
その夜の宴会は盛り上がって、楽しいものなったようで良かったですね。
風の旅人
2008/03/19 23:55
聴かせてもらいました。
ねこまっくさんから話で聴いて想像していた音楽より、遥かにレベルが高くて、正直驚きました。素晴しいです。

ねこまっくさんが発声に拘って練習を重ねていらっしゃること、音ですぐわかります。10名という団体は、下手をすると一人ひとりの声が聴こえてしまいます。そこがそうではない。しっかり潮という"団"の音にしているじゃないですか。なるほどと思いました。

トップテナーが時折高音ではじけますが、明るくていいといえばそうですけれど、トップ特有の頭声のコントロールされた声が欲しいなと思うところがちょっとだけありました。

そして・・・
みんなそんなに頑張ったのだから、指揮者の譜面台も不要でしょう。(^-^ )

そうそう、ねこまっくさんの本番前の勝負話、いいですね。拍手!
 
Papalin
2008/03/20 02:26
ぜひ聴いてみたいです!!今度録音してブログに貼り付けてくださいよ〜。
私も6月にカルチャースクールの発表会があって、自分の作曲した歌を歌って、先生がコーラスガールで参加するというオソレオオイ企画が待ってます。
タカオ君
2008/03/20 18:53
この男性合唱団のことは、もちろん知っていましたが、「メールハーモニー潮」という名前は最近つけたのですか?
初耳のような気がしますが。
いずれにしても、本番成功おめでとうございます!
本番前のねこまっくさんのお話、とても参考になります。
私も心しなければ..。
カンツォーネ
2008/03/20 21:20
本番成功、おめでとうございます。
「素晴らしい本番だった」ことは、写真でよく分かります。動かない絵でも、聞えて来ますよ。綺麗なハーモニーも、美しい声も。指揮者の「うん、うん、それでいい」なんて、独り言も。

いつもいつも、感心するのは、ねこまっくさんのお言葉の数々です。その通りということばかり、勉強になります。

沙羅
2008/03/21 14:15
ねこさん♪
お元気そうで良かった。
夢中になると写真撮るの完全に忘れちゃいます。(笑)
Papalin さんがおっしゃってるように
すばらしいハーモニーなんですね。
聞いてみたいなあ。
ご成功おめでとうございます。♪
ソナチネ
2008/03/23 13:28
風の旅人さん♪
練習によって自分がうまくなっていってるのが分かれば
指導が厳しくても、人はついてくるものです。
(ま、それだけじゃないですけどね)
でも、だからこそ、本番では彼らに達成感を味わわせてあげなければいけない。次につながる本番にしなきゃいけないと思っています。
それと(笑)うちは、ほんとによく宴会をしますね。ほんと、多いわ。これも指揮者のせい???
ねこまっく
2008/03/25 07:54
Papalinさん♪
CD聴いてくださってありがとうございます。他人にうちの演奏CDを渡したのは初めてです。だって・・・・まだまだまだまだですから。
>潮という"団"の音にしているじゃないですか
>>>うれしいです。“トーン”は、彼らには言いませんが(言ってもわかんないから・・・トホホ)実はこだわっているところです。聞き取ってくださってうれしいです。
>トップテナーが時折高音ではじけますが・・・
>>>これも、ずーーーーっとの課題なのですが、なかなかです。うちは下2声がほぼ全員初心者なので、そこに時間をとられてしまうんです。トップはずっと歌ってきた人だけに、それまでの自分の発声や歌い方を変えることが怖いのでしょう。なかなか直らないですねえ・・・

>みんなそんなに頑張ったのだから、指揮者の譜面台も不要でしょう。(^-^ )
>>>あれがなかったら、私がどんどん前のめりになってしまうんですってば!
ねこまっく
2008/03/25 08:07
タカオ君さん♪
著作権の問題がありますし・・・それに彼らに了解をとってませんので。
なにしろ、彼らは誰一人ここのブログを知りませんので。知られてたまるか。

>自分の作曲した歌を歌って、先生がコーラスガールで参加するというオソレオオイ企画が待ってます。
>>>おおっ!先生を従えて歌うのですか。ぜいたくですねえ(笑)。
タカオ君さんは作曲、ノッてますね。有線とかで流れてたりするのでしょうか?
ねこまっく
2008/03/25 08:11
カンツォーネさん♪
男声合唱団はここで指揮して、もうひとつはピアノ伴奏をしてます。
もうそろそろ団名くらい書いてもいいかな?と思って、書いてみました。
潮は「うしお」と読みます。美しい鳴門の海のイメージです。
ブレザーは若草色。鳴門のワカメ色、とか、蛙の歌を歌う時には「カエル色です」とか、いろいろ言っています。
カンツォーネさんも手術後のお酒が解禁になり、今度は歌ですね。
また本番の話も聞かせてください。
ねこまっく
2008/03/25 08:15
沙羅さん♪
ありがとうございます。美しい歌声を想像しててください(笑)
>「素晴らしい本番だった」ことは、写真でよく分かります。
>>>いやあ・・・私は、「並びとか、歌うスタイル・・・見事にバラバラやな」とか、笑ってしまいました。
見栄えも大事なんですけど、初心者がほとんどなので、歌うスタイルについては、大筋で間違ってなければええかと思って、自由にしてあります。

しゃべることは苦手なんですが、時々は↑のように作戦として語ります(笑)
酒が入ると、よく語っているようです。ヤレヤレ〜。

ねこまっく
2008/03/25 08:21
ソナチネさん♪
ありがとうございます。まだまだですが、とりあえず今の段階では
あれだけ歌えれば十分かと。
ソナチネさんとこは、「メサイヤ」進んでますか?
花粉症の方にはつらい時期ですよね。お体お大事に。
ねこまっく
2008/03/25 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
いい本番でした♪ ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる