ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS おのぼりさんは行く その2

<<   作成日時 : 2007/11/26 12:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

そうそう、今回のコンクールの参加証(バッジ)はこんなのでした。

画像


なんてかわいいんでしょう!
いつもコンクール終わったらバッジなんてどっかにポイでしたけど
これだけは大切に、私のパンダ・コレクションに加えなくては!

さて、
おのぼりさん3日目は、マジメにコンクールを聴く。
といっても、朝寝坊してしまい、一般B部門からの鑑賞。
ええのよ、聴きたかったのはB部門だから。
お目当てのなにわコラリアーズ、グリーンウッドハーモニーはもちろんですが
ほかにもすごい演奏が次から次へと繰り広げられ、最後にはお腹いっぱい状態。
いやしかし、創価学会しなの合唱団となにコラはすごかった。
この2団にはもうとにかく、音楽でフック!ボディ!!アッパー!!ノックアーウト!!!
ってやられてしまいました。・・・って、どっちも男声合唱じゃん(笑)

あと、敬愛する今井先生のグリーンウッドハーモニーは
今年の自由曲にリゲティの「ルクス・エテルナ」を演奏。
前に書いたけど(←クリック)、映画『2001年宇宙の旅』で、人類とモノリスの初の邂逅の場面で使われてた、はわはわはわ〜ほわ〜はぅうわ〜という超現代曲です。
いやー! リゲティを生で聴けるとは思いもせんかったね!
16声にわかれてて、それが無調でほわわわ〜、ひゅうう〜とランダム(としか無学な私には思えない)に移り変わっていく・・・ああ、そう、このあたりでモノリスの横で探査員がバタバタ倒れ出してね・・・などと映画を思い出しつつ。
しかし、いったいどこの音から自分の音ひろってるんだろな・・・まったく首をひねるしかありませんが、最後まで崩れることなく歌いきりましたね。すげえ!!! 

なにコラがトルミスの「鉄の呪い」
グリーンウッドがリゲティの「ルクス・エテルナ」
・・・このあたりが、私的には佳境でした。会場も身を乗り出して聴いてましたね。
豊中混声の自由曲が新実徳英の「南の島」(ここで記事になってました)も、地方ではなかなか聴く機会もないので、聴けてよかった。やっぱ生でしょ!
今回一番のお気に入りは、創価学会しなの合唱団。
清水敬一さんの汗が飛び散るような指揮、そして前から聴きたかった前田勝則さん(も一人、忘れた。連弾でした)のピアノで三善晃の「遊星ひとつ」。
トップテナーに生声が聞こえたり、ところどころキズはあるものの
そんなことどうでもよくなる、狂おしいほどの演奏。
前田さんのピアノは鋼のよう。ダイナミックで硬質。スケールがでかい。
以前ワグネルソサイアティとやった「秋の歌」のすすり泣くようなピアノとは一転。
いいわ・・・・男前やし。

※  ※  ※  ※  ※

マジメに音楽を堪能しつつ、オノボリさんとしては
文化の殿堂「東京文化会館」の探索もおこたりなく。
ショップでこんなもの見つけました。

「作曲家せんべい」
画像


おせんべの一枚一枚に作曲家の顔が描いてあるのかと思ったら
一番上だけでした。サギじゃ!!

コンクールの後はホテル近くの炉端焼きで食事。
これまた安かった。徳島とそうかわらないじゃん。
東京の物価っていったいどうなってるんだろう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
銀賞おめでとうございます。(^o^)
そうですか。合唱コンクールにお出かけでしたか。私も一度聴きに行ってみたいですね。出場は、ありえないから。(^^ゞ
豊中は、聞いたことがありますが、他の団はお名前を聞いても、よくわかりません。う〜ん、やっぱり一度はコンクール聴きにいってみないといけませんね。でも、この記事で、かなり雰囲気はわかりました。
沙羅
2007/11/26 14:12
作曲家せんべいに、大びっくり。
一番上だけっていうところに、大爆笑。
いや〜。

そういえば歌とか歌ってませんね,最近。大声でうたったら、たのしいだろうな。
ばく
2007/11/26 19:48
いいものはいい。
いいものは努めてるってことでしょうかね。
自分たちの歌がどう響いているのか、団の中で歌っていると、それが客観的にわからないんです。このくらいかなって予想で歌っています。生で自分らの音楽を聴いてみたいと思います。
 
Papalin
2007/11/26 21:28
さすがねこさん、
聴く耳持ったはると、聴き方も凄いんだ!
私だったら、あぁ〜〜 難しそう〜〜 どんな練習しゃはるんだろう〜〜 すごいなぁ〜〜・・・こんな程度だと思い恥ずかしくなってきました。

京都で自慢?できるのは 外食費が高いってことですよ
ホントに!でも、この間 食べた奈良での食事、超まずかった〜〜(奈良の方ごめんなさいm(__)m)
ぴあの
2007/11/26 22:05
ねこさん♪
本物を聞いてみたいわ〜。
創価学会しなの合唱団のお名前が何回も出てました。
それくらい素晴らしかったんですね。

おせんべいは詐欺みたい。上の1枚だけなんてひどい。
東京は物価の高いとこと安いとこの差があるように
思います。ぴあのさん京都はめちゃくちゃ高い。(笑)
奈良は微妙なんだよね〜〜〜。奈良の人ごめん。♪
ソナチネ
2007/11/28 00:08
沙羅さん♪
来年は中学校・高校の部が香川県、大学・一般・職場の部が岡山県で行われます。ちょっと遠いかな?
毎年全国持ち回りで開催されてますので、近くの県で開催される時など、ぜひ一度行ってみてください。どこも支部大会を勝ち抜いてますからうまいのです。ときには「これ、合唱なの?」という曲を演奏する団もあったり、その年その年の流行などもあって、おもしろいですよ。
ねこまっく
2007/11/30 21:25
ばくさん♪
作曲家せんべい、セコイ商法でしょ? 
しかも、まずかった!(今食べてます)
イギリスにはカラオケってあるのでしょうか?
歌うのってストレス発散に効果あるそうです。
あ・・・・だから、私はストレスがないのか・・・・。
ねこまっく
2007/11/30 21:27
Papalinさん♪
“生で自分らの音楽を・・・”って、
それは、幽体離脱しかないのでは???

たしかに。どんなに意識してもパートの一部として聴く音と、指揮者の位置で聴く音、そして客席で聴く音って違いますものね。
ただ、指揮というポジションを経験している、というだけで、パート内で歌っていても、聞こえてくる音楽はずいぶん違うように思います。
私はオケでヴァイオリン(半年で逃げ出した)、副科でチェロ、教師時代に吹奏楽の指導をしてたので、弦も管も打楽器もひととおりさわってるんですが、その経験って大きいように思います。
なんでもやってみることですね。

ねこまっく
2007/11/30 21:34
ぴあのさん♪
いえいえ、自分勝手に聴いてるだけです。
いいんです。最終的には「好き」か「嫌い」か、だったりするし(笑)

京都は・・・・・たしかに飲み屋も喫茶店も高かった気がします。
しかも、実は何を食べたのかあんまり記憶になかったり・・・。
さがせば安くておいしい店はあるのでしょうね?
期待していまーす♪
ねこまっく
2007/11/30 21:37
ソナチネさん♪
そうですか、奈良はビミョーですか(笑)
10年くらい前、奈良村というところを一人旅しました。
食事は・・・・・・・・・たしかにビミョーでした(笑)。
10年たっても覚えてるくらいだから、すごいよね。
ソナチネさんが大阪のうまいもの記事をアップされてるのを見て、血がさわぐねこまっくです。
ねこまっく
2007/11/30 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
おのぼりさんは行く その2 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる