ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS とと喝

<<   作成日時 : 2007/11/16 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

15日(水)は、ピアノ弾きのUさん、私の飲み仲間&信頼するピアニストのまきこさん、ねこまっくの3人で
「うまいもんを食べながら、師匠のレッスンを懐かしむ会」でした。
場所は、天然の地魚にこだわるとと喝
おなじみコース5250円也。

【日替わりの前菜とお造り】

画像


【サラワと豆腐の炊き合わせ】 
お出汁のやさしい味がじわ〜。

画像


【焼き物】 
アナゴ、カキのホワイトソースがけ、サワラのほうそう(←漢字わからない)焼です。

画像


この後、さらに変わり鉢、天ぷらが続いて、早くも腹いっぱい状態。
日本酒ももちろん飲んでます。
見てください、この風流なこと。

画像


こんな上品な店で、上品なお料理とお酒をいただきながら
する話といえば、
Uさん曰く「レッスンという名の折檻」の話。
Uさんとまきこさんは同門(同じ先生の門下生)なので、
私はこの時、こんなふうに言われた! とか 私はピアノ弾いてたら先生に掃除機かけかれた! とか
鳴門のサル!呼ばわりされた とか・・・・びっくりするようなダイナミックなエピソードが次々。
聞いてる私はボーゼンとしたり、笑い転げたり。
(私のピアノの先生は上品な方だったので。声楽の師匠は二人ともなかなかですが)
あと、県内の業界のいろんな内輪話とか。

そういうしているうちに、このコースのメインがやってきました。

ジャン!

【鯛めし】 です!

天然鳴門鯛を一尾まるごと使って炊き込んであります。
味つけはほんの少々の塩と酒だけ。
フタをあけると、なんともいえないいいにおいがたちのぼります。

画像

             (お店のホームページからお借りしました)

仲居さんが、この釜をフタをあけてご披露してくれ、その後
「ほぐしてまいります」と言って奥へ。
そしてやってきたのが、これ。

画像


そば米汁とともにいただきます。

画像


ああ・・・いいお味です。あっさりと、でも鯛のダシがしっかりとしみたご飯。
このおコゲのとこがまたうまいんだ!

この鯛めし、かなりのボリューム(鯛めしだけでおなかいっぱいです)なので
ふつーは、あまった分はお持ち帰り用におにぎりにしてくれます。
私もてっきりそのつもりだったんですが、あんまりおいしいのでおかわりしちゃった・・・・

・・・・と思ったら、Uさん、まきこさん、あんたら、さっきもおかわりしてなかったか?
え? 3杯も食べたん!?

仲居さんが『さて、そろそろおにぎり作りにかかろか』と釜をひきあげにきて
からっぽになった釜を見て、ギョッ! としてました。

おそるべし。

この後、ジャズバーに行って、まだまだ話は続き、夜はふけ、
その後、オンナ同士の話がまた別の場所で繰り広げられたのでした。


ところで、
ここのお店、取材に何度か入ってて、しかもこの夏も来てるのに
オーナーのおっちゃん、まっっっっったくねこまっくに気づきませんでした。
取材・撮影の時は、たいていジーンズにシャツ、とかいう、ざっとした服装だし
気づかれないのも当然といや当然なのですが、
そうですか、まったく気づきませんか。それもまたそれで複雑な思いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【現場最新報告】自社ホームページでの販売強化をしよう!
大手ショッピングモールへの出店の可否判断。。。昨日は、私の古くからのお付き合い先の酒販店様へ訪問してまいりました。酒有りのコンビニからスタートされ、大型DS酒販店へと脱皮され、その後、楽天さんやYahooさんでネット通販もされています。この楽天さんやYahooさんでネット通販ですが、当時ネットのことは何も知らず、第6感でこれからはネット通販も強化していかないと店頭での売上は下がっていくような気がしたからです。数年前にスタートされ、今現在数百万円ネット上で販売されるに至っていま... ...続きを見る
経営コンサルタントは武内コンサルティング
2007/11/16 17:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃ〜!!いかんいかんっ
うっかり空腹絶頂の時に見てしまったぁ〜!!
それにしても美味しそうだなぁ鯛めし…(ヨダレ)
夢に出てきそうです。

レッスンという名の折檻…でもそれに負けずにレッスンをすることによって、自身の才能が磨かれていくのかもしれませんねぇ。今だと暴力だ!パワハラだ!と言われかねないのかもしれませんが…。
ponchi37
2007/11/16 18:45
話された内容はともかく、ヒンのよい店の雰囲気に合わせた、落ち着いた(!)文章で、なかなか結構です。
上品に旨いものを食べると、気持ちも丸く(?)なるということでしょうか。
人生ゆっくり
2007/11/17 05:22
この料理を見ると、涎涎や〜
ホンマに美味そうやなあ

こんな美味そうな料理で酒を酌み交わし、恩師の話で盛り上がる。
楽しい一夜だったでしょう。

最後の鯛めし
一度食べてみたいものやなあ
一杯が二杯になって、思わず食べすぎ
その気持ちようわかるでぇ。\^o^/
風の旅人
2007/11/17 21:38
あ〜、なんで徳島には、おいしい店がいっぱいあるのだろう! いつか絶対に行かなきゃね。
私といえば、病気が見つかったことを記事にしたら、大勢の方たちから「禁酒しろ」とのコメントをいただきました。
お気持ちはとてもうれしいのですが、先生は「飲んでも問題ありません」といわれるので、普通に飲んでいます。
でも記事にするのが憚れて、最近は酒ネタ記事をアップしていません。
やっぱり記事にしちゃおうかな〜。
カンツォーネ
2007/11/18 21:23
お久しぶりで〜〜す、ねこまっくさん!
又、東京で遊んでこられたのでしょ!?

いいなぁ〜〜ねこさんは。私のコーラス関係では なかなか食事や飲みに行ける人がいなくって・・・
夜は皆、ご主人のもとに帰られるし・・。つまらないわぁ〜〜
見てるだけで涎が出そうよ!
私って呑み助じゃないのよ。、美味しいもの食べて、楽しくお喋りして、少しだけ飲んで・・そんな雰囲気が好きなの(^^♪
ぴあの
2007/11/19 20:18
相変わらず、おいしそうなものが並んでいますね。
ストレスのためか、少々胃腸の調子がおかしい私には酷な記事です。(独唱のストレスじゃ無いですよ。念のため(^_^X)単に疲れです)
いつもねこまっくさんのまわりには、美味しい物と楽しいお話が、いっぱいですね。羨ましいです。(^o^)
沙羅
2007/11/21 15:40
Ponchi37さん♪
鯛めし、土鍋に洗った白米を入れ、鯛一尾をその上にのっけて、普通に水を入れ、塩とお酒をちょびっと入れて炊くだけ。ぜひPonchi37さんちでもやってみてください。うまいです!
レッスンという名の折檻をくぐり抜け、こんなに打たれ強くなりました。大人になっても音楽やってる人間は、表面おだやかでおとなしそうに見えても、絶対気性のしっかりした人間です。間違いありません。
ねこまっく
2007/11/24 22:36
人生ゆっくりさん♪
この顔合わせは初めてで、しかもおいしいものが次々出てくるので
タイミングよく食べるのに必死でした。で、最後に鯛めしですからもー大変。
おかげで酒量が少なかったです。上品なのはそのせいかも?!
ねこまっく
2007/11/24 22:39
風の旅人さん♪
このお料理の内容で一人5000円は安いと思いませんか?
え?大阪の方がもっと安いって?
まだまだいっぱい食べたのですが、けっこうなテンポで料理が次々出てくるので食べるのに忙しくて途中で撮影をあきらめました(笑)
じゅんじゅんには「写真に気合いが入ってない」とおしかりを受けました。
ねこまっく
2007/11/24 22:41
カンツォーネさん♪
晴れてお酒も飲まれたようで、おめでとうございます。
私は、と言えば、最近飲む機会は多いのですが、コトコト飲むようにしてまして、つまり酒量を減らして“記憶がなくなる”というようなヘマをしないように気をつけています(笑)
忘年会シリーズが始まりますから、徐々にエンジンをあたためていこうという算段です。
ねこまっく
2007/11/24 22:43
ぴあのさん♪
そうですね〜、家庭があると女性はなかなか夜は出にくいものですからね。
>美味しいもの食べて、楽しくお喋りして、少しだけ飲んで・・そんな雰囲気が好きなの(^^♪
>>私もそうですよ〜!
私の親しい友人達はほぼ全員独身です。だから「飲もう!」と誘うのに気兼ねもいりません。そんな生活ばかりしてるから皆いまだに独身なのか?
いいんだか悪いんだか?(笑)
ねこまっく
2007/11/24 22:46
沙羅さん♪
体の具合はいかがですか?
ここのところ急に寒くなったので、私も風邪気味です。
背中にカイロはったり、ビタミン剤を飲んだり、風邪薬飲んだり、大忙しです。
引いてから慌ててもおそいんですけどね(笑)
もうすぐコンサートですよね。調子を整えていいのぞんでください。
ねこまっく
2007/11/24 22:54
> 味つけはほんの少々の塩と酒だけ・・・

これってずるいよな〜。確かにいいネタを見分けて仕入れるってのも技術だとは思うけどさ、刺身の上手いのを出されたり、この写真のようなホワイトソースなんかかかっていなくて、レモンやスダチで戴く牡蠣なんか出されるとさ、こすい(信州の方言・・・わかります?)と思っちゃうのさ。

でも、食べたいのさ。
。・°°・(;>_<;)・°°・。
 
Papalin
2007/11/25 21:40
Papalinさん♪
あんな味付けやこんな小細工をしたいのをぐっとガマンし
素材のもつ味を引き出すことを考える。これもまたシブイ、ね。
私はうまけりゃなんでもいいんですが(笑)
でも、あれですね、ごちゃごちゃ手を加えるより
素材の味がわかるものの方がやっぱ好きかな。
フレンチよりイタリアン。
シャンソンよりカンツォーネ。ちょっと違うか?(笑)
ねこまっく
2007/11/26 16:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
とと喝 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる