ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 八ヶ岳からのお客さん 〜その1〜

<<   作成日時 : 2007/04/09 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

一週間以上も前の話で申し訳ありません。
3月28日、八ヶ岳から山を越え、島を渡り、海を渡って、
Papalinさんが徳島にやって来ました。

お二人での来県の予定だったのですが、直前にお友達の都合が悪くなり、
お一人での来県となりました。

Papalinさんは、自然豊かな八ヶ岳に居を構え、美しい庭をつくったり、自然や動物の写真を撮ったり、リコーダーを吹いたり、聖歌隊の指導をされたり、と実にうらやましい(と、私の目にはうつる)暮らしをされておられます。ご自身のブログでは、一人多重録音(←ここで聞けます)という、コアなことをされています。
「合唱」「音楽」という共通項がありながらも、その“濃さ”(←ごめんなさいっ・汗)と、ゲストのコメントの格調高さにタジタジとなり、コソ見をきめこんでいたのですが、なんだかんだで年末くらいからブログの行き来が始まりました。

3月に入って、武満徹関連の記事で盛り上がっていたものの、
おつきあいとしてはまだ日は浅い。
そんなPapalinさんから「徳島に行きたい」との、突然のオファー。

びっくりするがな。

しかも、リクエストにはまだ続きがあります。
「ねこまっくさんやその仲間と会って飲みたい、
ねこまっくさんの合唱指導を見たい」


????・・・・なんでまた?

まあ、でも、せっかくのご縁です。
早速、飲み仲間に招集をかけ、行きつけの居酒屋「可夢庵」に予約を入れ、準備を整えました。
合唱指導云々については、日程が合わなかったり、ちょうど3月31日に大塚国際美術館での本番を控えており、その練習が忙しかったりで、リクエストを叶えることはできませんでした。
でも、30日のリハーサルを見学、という形でならどうにかできるかも、とお答えして。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

28日夕方、うわばみ3匹うちそろって、ホテルにお迎えに。
新町橋を渡り、眉山を見上げ・・・と、ちょっとした市内の案内などしているうちに
我らが可夢庵に到着。
既に到着していたじゅんじゅんと共に、5人で「Papalinさんを囲む会」スタートです。

ん? 増えてる?

画像


ま、いいや。春の徳島と言ったら、まずはこれでしょ。
鳴門鯛などの刺身盛り合わせ

画像


これもはずせない。鳴門わかめ。
もちろん、すだちを絞って。

画像


もひとつ。鯛の桜寿司。
桜の葉っぱを使った鯛の押し寿司です。シャリに鳴門わかめを混ぜ込んであり、独特の風味があります。

画像


いかがですか? Papalinさん、徳島の味は?
ご満悦のPapalinさん、ここで八ヶ岳からのお土産をご披露。
地元の名蔵「真澄」、くるみパイです。一同から大きな拍手〜♪

画像


Papalinさんの徳島の第一印象は、
「海の香り」だそうです。可夢庵に歩いてくる道すがらも、「香ってた」とか。
可夢庵は、いわゆる市街にあるのですが、町を流れる新町川は海につながっており、いわゆる「汽水域」。満潮の時には、海水が流れ込み水位が上がり、ぷーんと潮の香りがすることがあります。
生まれた時から海のそばで暮らしてると気づかないものですが、海のまったくない八ヶ岳からやってこられたPapalinさんには、新鮮だったのでしょうか?
しかし、・・・・そうか、徳島は「磯くさい」のか。知らず知らず、ねこまっく達も磯くさくなってんのかもしれない。恐ろしや恐ろしや・・・。

そうこうするうちに、人数も増えてまいりました。
バッハ君、ピアニストのまきこさんも加わり、えーと・・・・総勢7名の宴会。

飲む! 食う! しゃべる!

いつの間にか、主賓のPapalinさんはどこへやら、いつものウチらの宴会になってしまいました。あ〜あ・・・。

画像


全国一女社長が多い徳島県、オンナが強い土地柄ですから、
オトコは飲み会でも影がうすいもの。
酒に酔ってくだを巻くオンナ共に押され、はじっこでオトコ同士、肩を寄せ合うバッハ君とPapalinさん。

画像


二軒目に河岸を移し、そこでも飲み食いし、くだを巻き、
そうして、Papalinさんのおみやげの「真澄」2本も開けてしまい、
大宴会は果てしなく続き・・・・・

ねえ、Papalinさん、いつお店を出たんでしたっけ?
私達もいっしょに出たんでしょうか?
きちんとホテルにはたどりついたのでしょうか?

どうもすみませんでした・・・・(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八ヶ岳からのお客さん 再び
昨年も今頃でした。 ...続きを見る
ねこまっくの日誌
2008/03/25 19:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこまっくさん♪
>ねこまっくさんの合唱指導を見たい。
同じですよ〜ん。指導を受けたいです。
「可夢庵」さん超有名になってますね。
いつ見ても美味しそうです。うらやまし〜♪
ソナチネ
2007/04/11 23:39
網を片手に山や海へ走り回る海のはなしとは真逆な知的なpapalinさんですね!
練習の音を聞いたコメントも的確だったようですね〜
それに都会の人だからやっぱお洒落だわ!
海のはなしなんて国内線の飛行機さえビーチサンダルと着替えの下着を入れたコンビニ袋片手に搭乗しますからね(近くの銭湯へ行く格好です)…同い年には思えません・笑
海のはなし
2007/04/12 06:50
ソナチネさん♪
「可夢庵ファンクラブ四国支部会長」として、日々可夢庵普及につとめています(笑)
一度お連れすると、みなさん可夢庵のファンになって、勝手に普及活動をしてくれます。あんまり売れすぎると、私達の席がなくなるから困るんだけど(笑)
ソナチネさんも、徳島に来られる機会があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。
ねこまっく
2007/04/13 01:49
海のはなしさん♪
>国内線の飛行機さえビーチサンダルと・・・
>>海のはなしさんの「スタイル」ってことで。
それはそれでいいのではないでしょうか?
いっそ清々しい(笑)!
もちろん、もし同じ飛行機に乗り合わせたら、他人のふりをさせていただきますが。
しかし、船の上の海のはなしさんは、きっと、水を得た魚のようにオトコらしい事でしょう。
ねこまっく
2007/04/13 01:54
ねこまっくさん、バッハさん、そして、うわばみ*2さん、皆さん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。約十年ぶりの一人旅、初めての四国大陸、見るもの、香るもの、食べもの、もちろん徳島の方も、僕にはとても新鮮でした。(女社長予備軍も含めて・・・笑)

「可夢庵」さんも、二軒目のお店(お名前失念)も、美味しかったですね。ここには出てきませんでしたが、阿波尾鶏(?)も、あの適度な歯ごたえと、しっかりした味が忘れられません。食いしん坊なのです。

そうそう、ホテルまで送って頂いたのですが、フロントで呂律が回りませんでした。そのままバタンキューでした。よく飲んだものです。
Papalin
2007/04/14 17:28
山国で暮らしておりますと、海に近いところでいただく海鮮料理は、何を食べても美味しいのですが、鳴門ワカメのあの歯ごたえと、とろけるような味と、香るような色には感動しました。すだちを間違えてカボスと言ってしまったときには、きつぅ怒られました。(笑)

もちろん、お刺身も、お料理も、美味しかったです。
「可夢庵」さん、本当にいいですね。

> いつものウチらの宴会になってしまいました。

それが希望でしたので、大満足ですよ。
Papalin
2007/04/14 17:34
海のはなしさん、こんにちは。
同い年なのですね。宜しくお願いします。

僕は、信州のど田舎で暮らす、根っからの長野県人でして、超田舎者です。ちなみに、我が家から最寄のお店まで、車で10分くらいかかるようなところに暮らしております。庭を野生の鹿が横切るし・・・。

お間違えのなきよう。(笑)
Papalin
2007/04/14 17:38
Papalinさん♪
徳島を気に入っていただけたようで、うれしいです。
「阿波女に讃岐男」と申しまして、昔から徳島の女性がしっかり者で有名です。ねこまっくの友人達はそのなかでも特に、男顔負けのしっかり者揃いです。
阿波尾鶏に鳴門わかめ、おいしさを分かっていただき、うれしいです。鼻高々です。「すだち」もよろしくね。

>ホテルまで送って頂いたのですが・・・
>>え?私達、ホテルまでお送りしたのですか? 覚えてないです(笑)。でも、酔っぱらってもきちんとお役目は果たしていたのね。エライな、ねこまっく。
ねこまっく
2007/04/15 03:25
いいなぁ・・・
(と、ずっと指をくわえていた)

お肴も、お酒も・・・あ、徳島の地酒ってなんだろう。「入鶴」なんて、すてきななまえもある。眉山て、わたしは島原しか知らなかったけど、徳島の方が有名なんですね。

夏に朗読する詩が、高知を題材にしたもので、四国はずっと気になってます。
(高知と、徳島は、ぜんぜん違う!!って突っ込まれそう。ええ、それはよく聞いてますけど、瀬戸内海を渡ったことがないので、くくりもおおざっぱですみません)

県はちがっても、そちらのかおり、そこはかとなく感じられて楽しませていただいてます。

Suzuka
2007/04/15 06:42
Suzukaさん♪
四国の人間にとっても、四国と東京、北海道、沖縄以外は、信州とか九州とかいうふうに、ひとくくりですもの。ましてや、四国・・・。
北の方から来られた方は、そろって、四国のひざしの明るさ、景色の明るさに感激されるようです。徳島の感想は、Papalinさんにまたきいてみてくださいね。
「入鶴」も個性的な蔵です。私は、あそこの「超辛口」という酒がお気に入りです。この夏には『眉山』という映画も公開されますので、ぜひご覧になってくださいね。
ねこまっく
2007/04/16 00:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
八ヶ岳からのお客さん 〜その1〜 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる