ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS そして

<<   作成日時 : 2007/03/25 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

今日は31日の本番のゲネでした。
まだ一般公開されていない、大塚国際美術館システィーナ・ホール。
壁面の工事もすっかり終わって、あとは落成を待つばかり。
こんな感じです。

画像

このホールの落成セレモニーで歌います。
兼高かおるさん、瀬戸内寂聴さんらVIPが臨席するという・・・
そして小耳にはさんだところによると、バチカンからもお客様がいらっしゃるとか・・・。

すんごく響きます。
ドイツの大きな教会で演奏会した時もその残響に驚かされたものですが、
そのくらい響きます。
ほわ〜んと響きが上に広がっていく。
とても楽に歌える。

ただ、響きすぎて、歌ってる音と残響がまじりあって聴こえ、
リズムが動くところでは縦のラインが合いにくい。
「お互いもっと聞き合って」という指揮者の指示。
パート内、パート間のアンサンブルをもっと意識しないと
本番が怖いです。

学生さん達は男声、ほとんどが欠席でした。
バス・・・いたっけ?   あ、一人いたっけな。



もう、そういう合唱は、私、やめたはずなのにな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南淡路 国民休暇村
休暇村南淡路は淡路島南部の南淡(なんだん)町にあります。南淡町には泉質が異なった複数の源泉、それらの温泉を使った宿泊・日帰り入浴施設が福良湾を囲むようにして7軒ほどあって、まとめて南淡温泉郷と呼ばれてるんだけど、そのうち、南淡温泉は淡路島の南端・福良... ...続きを見る
国民 休暇村 国民宿舎で温泉 旅行
2007/04/08 15:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
本番、聴いてみたいです。
大塚さんって、徳島なんですね。
最近知りました。入場料\3150というのもすごいですが、行って観たいなぁと思いました。

> 「お互いもっと聞き合って」

響くところって、普段と違った難しさがありますよね。聴き合うと遅れるっていう面もあります。指揮者お自分を信じて・・・というのもいいかと...。
Papalin
2007/03/26 04:11
いよいよですね。
こんな場所で歌ったら、気持ちいいでしょうね。
で、合唱のほうは準備整ったのでしょうか?

落成後のこのホール、コンサートに使ったりできるのですか?
カンツォーネ
2007/03/26 12:32
Papalinさん♪
大塚製薬は徳島の誇る大企業です。大塚国際美術館は、陶板に焼き付けた名画美術館です。ニセモンといえばニセモンなのですが、システィナ礼拝堂や古代の遺跡などを原寸大で再現した展示は、その大きさを実感できるという点で画期的だと思いますし、ダ・ヴィンチからピカソまでいっぺんに見れるという点は私にとっては魅力です。ホンモノが見れたら一番いいんですが、庶民には海外旅行はなかなか(汗!)

ゲネでだいぶ響きには慣れましたが、さあ・・・?
客席できいてどんなふうに聞こえてるのか、興味があります。
Papalinさん、aostaさん、どんな具合なのか、こっそり教えてくださいね。みな(聴く耳持つ人)に伝達しますので。
ねこまっく
2007/03/26 12:45
カンツォーネさん♪
このシスティーナ・ホールは、「最後の審判」と「天地創造」の壁画しかなかったですが、今回壁面のアール(曲線)の部分の壁画もとりつけて、本物のシスティーナ礼拝堂の壁画を完全再現したんです。そりゃあ、見事です。それに、気のせいか、前より響きがよくなった気がします。
これまでも定期的にコンサートも行われていました。でも、そういえば、声楽や合唱のコンサートは今までなかったですね。考えてみれば不思議です、聖堂なのにね。
ここでソロコンサートなんかしたら気持ちいいでしょうね。どうですか?カンツォーネさん。
ねこまっく
2007/03/26 12:49
ステキなホールですね。是非、一度訪れたいです。
陶板は確かに、本物じゃ在りませんが、その素晴らしさに、見入った事があります。

それで、ゲネお休みして、歌う方があるんですか?
ちょっと、考えられない。(~_~;)
こんなすごい所の、杮落としだと言うのに。
ねこまっくさん、頑張ってくださいね。(^o^)
沙羅
2007/03/26 14:45
わが鳥取県のスグ隣の島根県に、「足立美術館」があります、一度だけ行きました。日本で一番高い入場料だと聞きましたが、横山大観の絵なんかが沢山あったり、見事な庭園で、なるほどと思いました。
今は、この大塚美術館が最高なのでしょうか・・。

高くても、どうでも、こだわっているところは、応援したくなります。ここには一度、是非行ってみたいです。

でも鳴門・・ですよね。
昔、「渦潮の見える公園」に行って(時間が違うので、当然、渦潮が見えなくて)・・、怒って徳島に行きました、・・ので少し印象がよくないんですよね。
←そんなこと知ったことか(ねこまっく【怒】)
人生ゆっくり
2007/03/26 17:47
沙羅さん♪
そうなんですよね・・・オトナチームはもちろん全員出席でした。
このへんのマナーというか、精神性がね・・・ああ、もう言うまい。
大塚国際美術館は、絵がお好きな方も、それから美術入門者の方も、楽しめるところだと思います。ヨーロッパの美術館巡りが趣味、なんて人は「バッタもんなんか」と思うでしょうが、原寸サイズで古今の名画を一同に見れるなんて、ここだけです。ぜひ一度どうぞ。
ねこまっく
2007/03/26 19:18
人生ゆっくりさん♪
大塚の入場料は大人3150円、それに対して高校生1000円、小中学生495円と、若くなるほど割安になっています。情操教育にはもってこいだと思いますね。大人の3150円もはじめは高い!と思ってましたが、一度入って館内をめぐると高くはないと思うようになりました。なにしろ5階たての館に1000枚以上の絵が展示してあります。ざっと見てまわるだけで3時間はゆうにかかりました。最後にはくたびれてなにがなにやら(笑)
いやーーー怒られてもなあ〜(笑)。うず潮はたしかに、「潮目」が大事です。見えないときはなんにも見えませんから。鳴門市や観潮船のホームページで潮目を調べてから、観潮にお出かけくださいね。それにしても公園の施設のスタッフ、誰も教えてくれなかったんですか?イカンですね、なってない!
ねこまっく
2007/03/26 19:24
ねこまっくさん♪
凄いホールですね。ゲストも超スゴ〜。
こんなところで歌えるなんて幸せですね。
いいな。いいな。♪
ソナチネ
2007/03/26 23:43
ソナチネさん♪
ほんとにね、いいチャンスをいただいて感謝しております。
美術館の大事なセレモニーですし、なんとか成功させたいものです。
ねこまっく
2007/03/27 01:00
昨日はメンテナンスとかで,コメント,入らず(悲)
ホールの絵,詳細は見えませんが,絵のレイアウトは本物のシスティーナと同じなのねえ。ドーム状の絵の枚数とかも一緒だ!
立派なホールに響き渡る,歌声! すてきだろうなあ
ばく
2007/03/28 01:16
ばくさん♪こんにちは。
本物のシスティナ礼拝堂を見てきたばくさんがおっしゃるんですから
間違いないですね。
この美術館のメイン展示物のひとつです。
陶板でアールを再現するのが難しかったらしいです。
あそこで歌える、というのは、地元に住んでいてもめったにない機会なので、精一杯つとめようと思います。
ねこまっく
2007/03/28 06:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
そして ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる