ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 指環の日

<<   作成日時 : 2007/02/26 01:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 11

今日はWOWWOWで映画「ロード・オブ・ザ・リング」3部作一挙放映していました。
正午からおよそ22時までぶっとおしです。
3作とも観てるのですが、ぶっとおし、ってとこがいいです。
仕事したり、用事したりしながらですが、今日は「指環の日」ということにしました。

単発で観た時は、3作目「王の帰還」が長すぎてつまらない、とか思ってましたが
続けて観ると、やはりあの長さは必要だと感じました。それぞれのキャラに見せ場があって、10時間にわたる旅を、自分も主人公達といっしょにしてきたような気になって、最後はウルウルきてしまいました。
この映画を観て以来、イライジャ・ウッドを他の映画で見ると、「あれ?オトナじゃん」とか違和感を覚えてしまいます。そんなことないですか?皆さん。
ちなみに私はガンダルフのファンです。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

実はねこまっくは、“指環”アレルギーでした。
『ロード・オブ・リング』も、しばらくは意地を張って観なかったくらい(笑)
アレルギーの原因は、大学時代にさかのぼります。

音楽を勉強してましたから、ワーグナーの代表作“指環四部作”のことは知っていました。ワーグナーを歌うつもりは毛頭ないけれど、知ってる必要はある。だから、大学1年の時、一般教養のカリキュラムを組む際に、木曜の午後1コマ目に「指環を読もう」という講座をとりました。ドイツ語の教授による講座で、「ワーグナーの“指環”を聴きながら、指環物語を読もう」というふれこみ。おもしろそうでしょ?
そのふれこみに騙され、私を含め5人の1年生がノコノコと講座へ・・・。
ワーグナー・オタクであるドイツ語教授(あ、だからドイツ語なんだ)は、私達に厚さ15mmはあるテキストを4册渡され、「さあ、じゃ、聴きましょう♪まずは『ラインの黄金』です」と、自慢のコレクションのレコードをかける。

・・・・え? それだけ?

ほんとにそれだけでした。聴く前にちょこっと解説はしてくれますが、基本的に先生はレコードをかけ、生徒はテキスト(そう、もうおわかりですね。レコードについてる歌詞対訳です!)を追っていくだけ。

・・・それって、先生、アナタが聴きたいだけじゃないの?!

ここで、ワーグナーの指輪って?という人のために。
映画『ロード・オブ・リング』の原作となったトールキンの『指環物語』は、ヨーロッパに残る伝承をもとに書かれたファンタジーです。手に入れたものは全世界の支配者になれるという指輪をめぐって、人間、ホビット、オーグ、暗黒の王などが争う物語ですね。
ワーグナーの楽劇「ニーベルンゲンの指環」も、まあ似たようなものです。
えーと、なんだっけ?「愛を捨てたものだけが指環の力を手に入れることができる」んだっけ? 
えらい権力や嫉妬にまみれた神様達がいっぱい出てたなあ。

『ラインの黄金』『ワルキューレ』『ジークフリート』『神々の黄昏』の4作からなり、ぜーんぶ通して演奏すると15時間以上になることから、たいてい四夜にわけて演奏されます。
名曲中の名曲らしいし、どうも話そのものも分かればおもしろいっぽいんですが、初めて聴くのにレコードじゃあねえ・・・。せめてビデオならよかったのに。
なにしろ、登場人物の名前がジークリンデにジークムントにジークフリート・・・こんがらがるっちゅうねん! しかも、当たり前にドイツ語だし。
しかも、午後の1コマ目ですよ。眠いんよね。
教授の研究室にヒザつきあわせて座ってるのですから、決して寝てはいけない、誰も寝てはならぬ・・・でも、眠いし分からんし退屈やし・・・ああ、ごめんなさい・・・zzz。

こうした状態が毎週続き、半年の授業の後、無事『神々の黄昏』まで辿り着いた模様でした。皆、ほとんんど寝てたから、なにがなにやら。でも、寝ちゃいけないのに寝てるという罪悪感、少しは授業を考えろよ教授!というイラだち、イヤイヤ聴くハメになったというトラウマから、ワーグナーは今でも大嫌いです。
え?単位は皆、Aをいただきました。・・・どうよ、それ?

私はいつかワーグナーの指環と仲良くなることができるでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
12時間耐久レース?
に、参加しています。 うちの家族が、ですが・・・ ...続きを見る
MIWOのレタスなLOGBOOK
2007/02/26 07:57
はいやとーほー
Macをお持ちの方は、ご存知かもしれないのだが・・・ ...続きを見る
MIWOのレタスなLOGBOOK
2007/02/26 08:01
ねこねこ日記
ねこねこ日記 ...続きを見る
ねこねこ日記
2007/02/26 16:53
【HONDA】ワルキューレ
こんには(^o^) 「旅」関連のSRS情報を収集しております。 トラックバックさせていただきましので、よろしくお願いいたします。 ...続きを見る
【ホンダの査定道場】バイクの買取相場を調...
2007/03/21 22:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらでは、はじめまして。
同じようなことを考える方がいらっしゃるのだと、おかしくなりました。
劇場で一挙上映というこころみも単発的にありますネ。

ワーグナーの「指環」も、仕入れたんですよ、暮に。
ところがですね、ようやく「ワルキューレ」を観終わった時点で、ファミリー・ストップをかけられました。
また、ほとぼりがさめたら・・・
Suzuka
2007/02/26 07:53
この講義、私も絶対寝てしまいますね。でも研究室でも寝てしまう人たちはすごい!

私は結婚指輪をしばらくつけていたのですが、高速道路で事故に遭い、助手席でダッシュボードに手をついたとき、テコになって薬指の根元を骨折してしまいました。治療のとき指輪は、看護師さんにニッパーで切られてしまいました。
それ以来、夫婦仲が悪くなったような気がします。指輪の呪いかも..。
カンツォーネ
2007/02/26 09:08
トールキンの「指輪」ワーグーナーの「指環」どちらも見ました。ついでに、トールキンは読みました。大変面白かったです。
トールキンの「指輪」は、もう一度読もうと思っていますが、それ以前に読むものが山積みで・・・・。(^^ゞ
映画以前に、ずっと以前に読んでいるので、映画をTVでみた時、原作を知らない人は、退屈しないだろうか、心配しました。あまりに原作の雰囲気で出来ていたので。

ワーグナーの「指環」は、去年、俄にオペラファンになったばかりに、DVDで見ました。聴きましたかな?良かったですよ。その授業せめて映像なら、楽しめたと思いますが。CDなら、私も絶対寝ています。(^^ゞ
沙羅
2007/02/26 14:42
書きながらなんか違和感があると思ってたんですが、
指“環”ですよね。「指輪」だとシューマンになっちゃう(←分かる人は分かる)。
でも、沙羅さんによると、トールキンは「指輪」でいいのかな?
そのへん、どうなんでしょうね(笑)?
訳者の責任大?
ねこまっく
2007/02/26 16:56
ロードオブザリングは以前通っていた英会話教室の先生(アメリカ人)から「絶対この映画は観て!」と勧められて、3作とも映画館で観ました。3部作を続けて見るっていいですよね〜。(ちょっと疲れるけど…)
ちなみに、長い長い「王の帰還」ですが、先日NHKでは未公開シーンを含めた特別バージョンっていうのを放送してまして、更に長くなってました(笑)でも、その未公開シーンのおかげで、今まで私が持っていた素朴な疑問が解けたりして、実際観た時にはあまり長く感じませんでしたよ〜。

ワーグナーの指環…確かにその講義は眠そうです。
でもでも、今なら案外いいなって思えるかも〜。
ちなみに私はワーグナー、結構好きだったりします♪
ponchi37
2007/02/26 17:12
Suzukaさん、トラックバックありがとうございます。
指環制覇はファミリー・ストップですか。
お気持ちはよく分かります(笑)重いもの〜。
しかし、なんですかね、神話の神さまってのはどうしてあんなにわがままで自分勝手で残酷なのでしょう。ま、そうでないと物語にならないわけですが。

ちなみに、私は12月恒例行事にレクイエム特集があります(←一人で・笑)
ねこまっく
2007/02/26 18:23
カンツォーネさん♪
【指輪の呪いかも・・・】
いいえ、きっと指輪の愛の力で、それだけのケガですんだのだと思いますよ。

大学の授業は、上記記事のも含め、先生のヤル気を疑うものが結構ありました。私が寝てしまったのは、「指環」の授業と、「音楽科教育法」の授業でした。だって、「小泉文夫の民族音楽」って本を学生にかわりばんこに朗読させるだけの授業なんですよーー! あかんやろーー!
しかし、それがキョーレツな反面教師になったのですから、
ある意味ためになった授業といえます。
ねこまっく
2007/02/26 18:31
沙羅さん♪
ねえ、オペラなんて映像あってのものだと思うのですが。

小学生の時、購読してた学研の「科学」に、トールキンの『指輪物語』の1ページ広告が毎号載ってました。ローブをまとった長いヒゲの魔法使いが、天に向かってなにか叫んでいる。その足元には小さな子供。今思えば、あれはガンダルフと、ホビットのフロドだったのかな? いつか読んでみようと思いながら、まだ手が出ずにいます。おもしろいんでしょうねえ。
ねこまっく
2007/02/26 18:35
ほう!Ponchi37さんはワグネリアンですか♪
私も出会いが↑じゃなかったら、きっと抵抗なく聴けてたのかもしれません。有名な「ワルキューレの騎行」なんか、すごぶるカッコイイですもんね。最近は、マイスタージンガーもカッコイイなーと思うし、呪縛が解ける日がいつかくるのかもしれません。
“特別バージョン”見てみたいですね〜。1、2の記憶が鮮明なうちに。
ねこまっく
2007/02/26 18:41
そりゃワテもアカンなあ
直ぐに気持ちよくなって寝てしまう。

大体楽しい授業なら生き生きもするが、イヤイヤではなあ
トラウマになるのは分かるでぇ。

よう途中で投げ出さなかったなあ
それでAをくれたのでしょう。
良かった良かった\^o^/
風の旅人
2007/02/26 23:34
風の旅人さん♪
忍耐力に免じてAですか? 私は教授の忍耐力にこそAを上げたいですね(笑) 生徒が目の前で全員寝てても小言ひとつ言わない・・・・私には出来ません。
でも、もしかしたら、先生は授業という名目で、自分が心置きなく『指環』を聴きたかったのかもしれません。生徒が寝るのは想定済みだったりして? ふむ、それならAも納得ですが。
ねこまっく
2007/02/26 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
指環の日 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる