ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 欲張り猫

<<   作成日時 : 2007/01/16 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 14

2007年。新しい2つの挑戦が始まります。

ひとつは、まだ下準備の段階なので、こういう場所ででも公言はできません。
でも、2月くらいから動き出すことはもう決定しています。
どんな形で、どこまで進んでいくのか未知数ですが、今からワクワクです。
実はこの合唱団、ねこまっくが言い出しっぺなんですよね。
現実になるとは・・・ちょっとびっくりしてます。


もうひとつは、ルネッサンスへの挑戦。
こちらはイベントのための短期合唱団ですが、明日が初練習です。
ルネッサンスものは、毎年コンクールの課題曲などでたくさん歌ってはきましたが、
指導する立場になるのは初めてです。
そろそろやりたいと思ってたんですよね、いいタイミング♪
本番の指揮は、エライ人がするのですが、下振りという形であれ、
指導の機会が与えられたのは、とてもありがたい!

曲はアレグリの『Miserere mei, Deus(神よ、我を憐れみたまえ)』
テキストは詩篇50・51。もちろんラテン語。ミゼレーレはなあ・・・いいんだけど、歌詞が多いんだよなあ・・・。
画像


『Miserere mei, Deus』は、1638年、かのローマ教皇のシスティーナ礼拝堂のために書かれた作品です。当時、あまりの美しさから門外不出とされ、システィーナ礼拝堂でしか歌うことを許されていなかったとか。
9声用で書かれており、2つの合唱群が、男声の先唱をはさんで交互に歌う、という形になっています。
ポリフォニックな動きはほとんどないので、ルネッサンスを初めてやる人には入りやすいかもしれません。でも、その分、言葉のディクション、微妙な揺れなどが合わないと聞くに耐えない。ごまかしのきかない作品です。

鳴門市に大塚国際美術館という美術館があります。
世界の名画を原寸大で陶板に再現した陶板美術館です。
ミケランジェロの『最後の審判』などの壁画で有名なシスティーナ礼拝堂や、古代の教会、遺跡などは、その室内空間ごと再現するという「環境展示」がとてもユニークで、
日本全国からたくさんの鑑賞者がやってきます。
この美術館のシスティーナ・ホールには、今まで『最後の審判』と『天地創造』の壁画だけしかなかったのですが、現在、天井のアールや側面の壁画も完全再現の工事をしていて、
これが3月に完成する予定です。
で、そのこけら落としに、上記↑の曲をやってくれ、という依頼が来たのです。

最終的には4人のソロと、5声の合唱群という構成で、計30人くらいの編成になる予定。
まだメンバーを集めながらですが、とりあえずスタートです。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

いつも思うことだけど、
私はほんとに恵まれてるなあ、と。
こうして、いつも新しい勉強のチャンスをくれる人がいる。

どんな小さなステージでも、手を抜かないこと。
チャンスをくれた人に、誠実をもって応えること。

ずっと心に誓ってることです。

1つのステージが次のステージを呼んできてくれる。
1つのチャンスが次のチャンスを呼んできてくれる。
こうやって今まで歩いてきました。
きっとこれからも。

つまりは、欲張りなんだろうな(笑)

さ、勉強だ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
火曜の夜は
火曜日の夜は、アレグリ作曲『Miserere mei Deus』の練習。 鳴門教育大学の学生さん達の「コドモチーム」(←勝手に命名) 私達、ねこまっくと気のいい仲間達「オトナチーム」にわかれて 1月なかばから練習してきました。 ...続きを見る
ねこまっくの日誌
2007/02/28 18:07
オトナとコドモの間には暗くて深い川がある
街角で目にとまった手作り看板。 美しい花壇作りには、犬の協力だって必要なんです。 人間だってもっと協力しようよ・・・・。 ...続きを見る
ねこまっくの日誌
2007/03/20 02:36
南淡路 国民休暇村
休暇村南淡路は淡路島南部の南淡(なんだん)町にあります。南淡町には泉質が異なった複数の源泉、それらの温泉を使った宿泊・日帰り入浴施設が福良湾を囲むようにして7軒ほどあって、まとめて南淡温泉郷と呼ばれてるんだけど、そのうち、南淡温泉は淡路島の南端・福良... ...続きを見る
国民 休暇村 国民宿舎で温泉 旅行
2007/04/08 08:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
前向きな、ねこまっくさん....。
私もあやかって、今年は何か「挑戦」してみたいという気持ちを強くしました。年が明けてから、すこし気持ちがダウンしておりましたが、おかげさまですこし元気を頂きました。
この曲、どんな曲なんでしょう? 探して聞いてみたいと思います。来月ローマに行く事にしたので、システィーナ礼拝堂も絶対見て来て、報告しますね♪
今後ともどうぞよろしく、そして、いろいろありがとうございました。
ばく
2007/01/16 07:19
ねこまっくさん、今年も挑戦の年ですね。
毎年難しいテーマに挑戦して、見事にクリアされていく、素晴らしいですね。
システィーナ礼拝堂の再現と、こけら落としでの演奏会、とても素敵です。大塚国際美術館、徳島に行ったら是非見学に行きたいところですね。

ラテン語の歌詞がいっぱい? 難しそう。
身体に気をつけて、頑張ってくださいね!
カンツォーネ
2007/01/16 13:31
僕も好きな曲です。
相手に不足はないですね。
こんな美しい曲を歌える喜びをね。

時代からすると、これはかなり前衛的?
曲想がつけられますものね。
応援してます。
歌おうか?(笑)
Papalin
2007/01/17 00:38
ばくさん、このたびはMacつながりでお知り合いになれて、嬉しいです。これからも情報交換し合えたら嬉しいです♪

システィナ礼拝堂行かれるんですか!? いいなあ。ヨーロッパは2度行ったんですが、イギリス・イタリアは未上陸なんです。行きたいよう! 記事のアップ、楽しみにしていますね♪ 

アレグリの『ミゼレーレ』は、ただただ美しい曲です。神様への祈りの言葉が、繰り返し紡がれていきます。響きのいいヨーロッパの教会で歌ったら、そう、システィナ礼拝堂などで歌った日には、歌ってる人が昇天する気がするのではないかしら・・・
そんな曲です。ぜひ聴いてみてくださいね♪
ねこまっく
2007/01/17 01:44
カンツォーネさん、こんばんは。
クリアしてるかどうかは別にして、新しい勉強の機会があるのは、ほんとにありがたいです。


システィーナ・ホールのこけら落としは3月31日。この時期は、「桜鯛」が旬です。鳴門のうず潮にもまれた鳴門鯛。その鳴門鯛が、春には産卵期を迎えて全身桜色に染まるんですよ!ウマイのなんの!! 競馬で一山当てて、どうぞ徳島へ(笑)
ねこまっく
2007/01/17 01:49
Papalinさんも歌われたこと、あるのでしょうか?
学生の頃は、ルネッサンスものの面白さがさっぱりわからなかったですが、要はオトナになったということなのか、「今なら歌えるはず」と。いや、なんの根拠もないんですけど(笑)
モンテヴェルディとかラッススとかを歌うアンサンブル・グループをそろそろ立ち上げたいな、と思ってた矢先だったので、渡りに船で引き受けました。

あ、バスがまるで足りてません、実は(笑)
ねこまっく
2007/01/17 01:56
楽譜の画像見て、合唱にこんな簡単な楽譜があった
なんて!!と思った僕は間違いでした。(笑)
よく見ると難しそうですねぇ。いよいよ合唱団始動します。がんばりま〜〜す。!!
やすくん
2007/01/17 14:23
やすくんも合唱団始動、新しい挑戦ですね♪
楽譜の見た目と、難易度は別物です。
ま、そんなこんなも、やりながら覚えていくものですよね。
頑張ってね♪
ところで、添付ファイルは開けました?
ねこまっく
2007/01/17 17:41
わしはクノール、もとい、テノールじゃ。
そっちも納豆売り切れ?
Papalin
2007/01/18 00:33
Papalinさん、どこでも歌えそうだし(笑)
納豆? ・・・私の頭が硬いのか、関東のギャグが難しいのか・・・??
ねこまっく
2007/01/18 12:01
「ミゼレーレ」このフレーズだけで、美しい曲という感じが、ひしひしと・・・・。
いいですね。こういう曲歌いたいです。
ねこまっくさんは、いつも前向きに、果敢に挑戦なさって、素晴らしいです。(^-^)//""ぱちぱち

それから、大塚国際美術館、ぜひ訪ねたいですね。
沙羅
2007/01/18 22:36
沙羅さん、新年会お疲れ様でした。
大塚国際美術館は、「でもニセモノじゃん」と言う人もいますが、私はおすすめします。古今の名画1000点以上を原寸大で陶板に焼きつけてあります。表面の絵の具のヒビワレや厚みまで再現してるので、わりと臨場感あるんです。
なにより、システィーナ・ホールのスケールには、いつ行ってもうなってしまいます。ぜひ一度!
ねこまっく
2007/01/19 00:15
やっと、娘に、この曲をituneで買ってもらいました♪ 
すてきな曲ですねえ。荘厳な感じと、包み込んでくれるようなハーモニー。CDに落として、車で聞こうとおもいます。
ねこまっくさん、ありがとう。
ばく
2007/01/24 05:00
ばくさん、こんばんは。
「Miserere」きれいでしょう?
来月システィーナ礼拝堂行かれるんですよね。
ぜひiPod持参で。
あ、でもホンモノの賛美歌が演奏されてるかもですね。
レポート楽しみにしてます。わくわく・・・♪
ねこまっく
2007/01/26 03:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
欲張り猫 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる