ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS お蔵出し6 〜ヤマネとの出会い〜

<<   作成日時 : 2007/01/13 03:28   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

ヤマネという動物がいます。
正しくはニホンヤマネ。ヤマネ科ヤマネ属の小型哺乳類で、四国、本州、九州の森林に分布。体重15〜20g、手の平におさまるくらいの小さな生き物で、茶色の毛皮に、背中に1本の黒い線、長いしっぽが特徴。昆虫や木の実などを食べ、樹上を敏しょうに走り回る様子から「森の忍者」と呼ばれます。
画像はここ(←クリック)を見てね。愛らしいでしょ〜♪
画像


国の天然記念物に指定されているこのヤマネ、冬にちょっと変わった冬眠をすることで有名です。冬眠もいろいろ種類があるのですが、まあ、難しいことはさておき、ヤマネは冬眠する時、くるんとまるまって、そう、まるでボールのようにまんまるになって冬眠するのです。この様子から、日本のある地域ではマリネズミなどと呼ばれていたようです。

前置きが長くなりました。

ねこまっくは上那賀町に赴任していた頃、このヤマネに出会い、たった1日ですが飼ったことがあります。天然記念物ですよ。おいそれとお目にかかれません。
出会いは、こんな感じ。
画像

そう、家庭訪問(山の学校では夜間〜深夜にかけて行われることも。しかも担任・副担任うちそろって訪問する)先で、リスの仔だと思ってM隊長がつかまえたんですね。さすが、酔っぱらってても体育教師!
で、それをお菓子の空き缶に入れて、ねこまっくが宿舎に連れて帰ったと。

実は、この時にも「似てるな」とは思っていたのです。
相原コージ著のマンガ『かってにシロクマ』に出てくる「ヤマネ」という動物に・・・。でも、天然記念物だし、こんなとこで簡単に見つかるわけないし・・・と。

翌日、学校に持参してクラスの子に見せたら、「かわいい〜」「クラスで飼おう!」と大騒ぎ。M隊長もねこまっくもその気でいたのですが、缶の中をのぞくと、リスの仔はまるまったまま、ピクリとも動かない。ちっちゃな入れ物に水を入れ、パンを小さくちぎって入れてあるけど、まるで手をつけない・・・。だんだん心配になってきました。
まだ、お母さんのお乳が必要な時期なのではないか・・・。
こうして捕われているだけで、たいへんなストレスなのではないか・・・。
このままエサも食べず、死んでしまうのではないか・・・。

放課後になっても、リスの仔はまるくうずくまったままでした。
ねこまっくは心を決めました。
缶を持って、山に登り、そして・・・・
画像


リスの仔は、缶から出して、地面におろすと、数秒間ねこまっくを見つめ、
それからスタタタタ・・・と草影に消えていきました。

クラスの女の子からは「えー!なんで逃がしたんー!!」とせめられましたが
ねこまっくは、これでいいのだ、とうなづいていたのでした。

それから、数日後のことでした。
朝日新聞日曜版の一面記事に、まさにこのリスの仔の写真を見たのは。
画像

そう!やはり、天然記念物ヤマネだったのです。
よかった〜、山に帰してやって・・・。危うく犯罪者になるところでした。
記事を読んで分かったのですが、ヤマネは夜行性の動物。冬眠時だけでなく、就寝時にもまるくなります。そう、つまり、缶の中でまるまってたのは、弱っていたわけではなくて、単に昼だから寝てたんですね。

徳島ではヤマネの生息が確認されていて、
ねこまっくのように、「リス(あるいはネズミ)の仔だと思って飼ってた」という例もけっこうあります。
教師をやめて、タウン誌の記者になったねこまっくですが、たまたま県内でヤマネの発見が相次いだ時期があり、タウン誌でヤマネ特集を始めました。山の学校での出会いが心に残っており、思い入れがあったんですね。今回の記事で使った漫画は、実はその時に、ねこまっくが描いて掲載したものの一部です。
へんな雑誌でしょ(笑)。今から思うと、やりたい放題やってたんですね。
でも、このヤマネ特集は、けっこうな反響があったんですよ。
「漫画が連載されるのか?」とか読者から手紙が来たり。
しません、て(笑)。でも、ヤマネ特集はしばらく続いたのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
リンクあり、漫画あり…のなかなか充実した内容ですね。
記事は天然記念物モノだし!
実は、海のはなしはレンを飼う前に密かにモモンガを飼おうとに計画を進めてて、↑のサイトも見てました。
計画はすぐに発覚されて駄目になりましたがね・笑
1度でいいからモモンガかヤマネを触ってみたいです。
【よかった〜、山に帰してやって・・・。危うく犯罪者になるところでした。】
自力で生きていけない状況なら、県知事へ申請して飼えたんじゃなかったでしょうか?
でも、家の中で逃げ回ってたんなら立派な大人だったんでしょう。逃がしてあげて正解ですね。
でも、海のはなし…もしや、山の中で食べたんじゃないかと…イノシシでもペロリと食べるねこまっくさんだからな。
海のはなし
2007/01/13 06:32
ヤマネは見たことがないけど、写真で見る限りネズミに近いなあ

年々記念物だと言うことも、知りまへんでした。

しかしようこんな小さなヤマネが、人家に入ってきたなあ
よっぽど田舎なんやなあ

家庭訪問って言うのは、親と酒を飲んで語るものなんでしょうか(笑)
風の旅人
2007/01/13 14:43
海のはなしさん、モモンガ、かわいいじゃないですか。
なぜダメになったのですか?
部屋を飛び回るモモンガ、海のはなしさんの肩に飛び乗る「手乗りモモンガ」・・・いいですねえ!
ねこまっくは、上記記事のときと、後にもう一度ヤマネを触りました(お蔵出し7の予定)。ほんとちっちゃいんですよ。まるまったらピンポン玉くらい。あんなに小さかったら、腹のたしにもなりません。
ちなみに漫画『かってにシロクマ』では、ヒグマのシロとヤマネのチョシちゃんは恋人同志だったのですが、そうとは知らないシロの母親がチョシちゃんを食べちゃうんですね。ああ!悲恋!!
動物のあからさまな生態を描いた、なかなかおもしろい漫画でした。
ねこまっく
2007/01/13 22:32
風の旅人さん、イタイとこ、つかれました。
なまぐさい家庭訪問でした。おおらかな、なごやかな、山の学校の伝統(?)です。今もそうなのかな?

この上那賀町やその奥の木沢村は標高700mくらいですが、植生がヤマネの住みやすい環境のようで、その後もよく発見されました。すごくすばしこいので捕まえるのは至難のわざのはずですが、4月だったので、まだ冬眠から醒めたばかりで寝ぼけてたんでしょう(笑)
ねこまっく
2007/01/13 22:37
ヤマネ、初めて聞きました。山根君という知り合いはいますが。(笑)
清里には、やまねミュージアムなんてものがあるのですね。
清里も標高が高いのだから、高原や高山にしかいないのかな?
次回も楽しみにしてます。
カンツォーネ
2007/01/13 23:30
ねこさん♪
やまねちゃん、可愛い(^0_0^)
ねずみかハムスターかリスか…
ミュージアムまであるなんてやまねちゃんってすごい。

関係ないけど海のはなしさんとこも
いろいろな動物さんに興味あるんですねえ。
おもしろいなあ…(*^_^*)
ソナチネ
2007/01/14 10:11
お〜楽しいブログですな・・・「楽しくなければブログじゃない」・・・また覗きにきますよ・・・
「おいどん」
2007/01/14 10:59
カンツォーネさん、こんばんは。
千葉には山根君しかいませんか(笑)?都会だからかな?
やまねミュージアム、行ってみたいです。
そこでヤマネを飽きるほど眺めてみたいです。
やまねミュージアムの森には、モモンガもムササビもいるそうです。
ねこまっく
2007/01/15 00:33
ソナチネさん、こんばんは。
なにしろ天然記念物、そして絶滅危惧種ですからね。
ねずみもハムスターもリスもかわいいけど、
ヤマネの愛らしさといったらもう・・・!

海のはなしさんとこには豆柴がいますよ。かわいいですよ。
ねこまっく
2007/01/15 00:35
おいどんさん、ようこそです。
おいどんさんのブログはいつも賑やかですね。
またお邪魔させてもらいます♪
ねこまっく
2007/01/15 00:37
やまね…初めて知りました!が、ダンナはなぜか知ってました。そして「この前清泉寮に行ったばかりじゃないか」と言われ…ハイ、彼はやまねミュージアムもしっかりと知っておりまして、私たちはあの辺りの森をワンコ連れで散策してきたのでした。
それにしてもねこまっくさんの漫画、面白い〜!!でもってやまねちゃんが可愛い〜♪
ponchi37
2007/01/15 21:00
ねこまっくさんこんばんはです♪
ヤマネ可愛いですね、手にのせてみた〜〜い!!
でも、天然記念物だと無理ですなぁ〜!!
いよいよ合唱団スタートです。頑張りまっせ〜!!
やすくん
2007/01/15 21:03
ponchi37さんはヤマネの森を散策されたんですね、うらやましいです。手つかずの自然がいっぱいのいいところらしいですね。
それにしても、旦那さんはなぜヤマネをご存じだったのでしょう? あ、もしかして『かってにシロクマ』の愛読者だったとか?
ねこまっく
2007/01/15 22:17
やすくん、合唱団いよいよですね。
まずは、歌うことを楽しんでください。
歌った後のビールはうまいっスよ。
ねこまっく
2007/01/15 22:19
3回も読みましたけど、スゴイ。漫画家にも・・と書かかれておられましたが・・、なるほど。タウン誌の記者・・、なるほど。才気煥発ってなのは、こういうのを言うのでしょうね・・きっと、「May」。
最新の記事なんか、私ごときは、恐ろしくて近づけません、コメントなんかとんでもなく・・。でもこの格差が、何ともいえずいいですね。
忙しい年になられるような様子ですが、どうぞご自愛のほどを。
人生ゆっくり
2007/01/16 17:46
人生ゆっくりさん、そんな急に後ずさりしないでください(笑)
要するに、好きなように生きてきたってだけのことですよ〜。

人生初の大きな挫折で、音楽にヤル気を失ってた時期、
マンガはけっこう本気で描いてました。大学1年の頃です。
大学1年の冬から音楽に復帰してからは、それどころじゃなくなってほとんど描かなくなったので、上で披露した作品は、もう、ダメダメです。線が全然整理されてない。
ま、ここはお蔵出しってことで!

最新の記事の、その練習が今日ありましたが、練習の後は喫茶店でダベって、新年会の打ち合わせ。そして、新年会用の酒をあずかって帰宅してきました。何事にも常に“飲み”“食い”がついて回るねこまっくです。
ねこまっく
2007/01/17 01:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
お蔵出し6 〜ヤマネとの出会い〜 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる