ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS お蔵出し7 〜雪の夜〜

<<   作成日時 : 2007/01/25 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

しんしんと冷えています。
こんな夜は、あの話をしましょう。


標高700m近い上那賀町では、よく雪を見ました。
朝、宿舎を出ると、校舎の屋根やテニスコートにうっすら雪が積もっている。
あまりに静かな冬の夜、カーテンを開けると、音もなく雪がはらはらと降っている。
そんなことがよくありました。

その日は大雪でした。
山は白くけむり、道も10cm近い雪に埋まりました。
学校も休業になり、ストーブでぬくぬくの職員室から、真っ白になった集落を眺めていました。

「“かまくら”で雪見酒呑みに行かんか?」
次の日、いつものごとく、M隊長(←記事参照)がそんな提案を職員室でしました。

「昨日、女子ソフトテニス部を引き連れて、スーパー林道へ行っとってのー、
雪遊びしてきたんじゃ。S先生や生徒一緒になって転げ回りよったわ。
あんまりよーけ積もっとったけんの、みなで“かまくら”作ったんじょだ。
あそこで鍋して、酒呑んだら旨いと思うての。行くだろ?ねこまっく先生」

画像

             ↑生徒と転げ回る教務・S先生

スーパー林道(←記事参照)は、全長87.7km、日本一を誇るロングダートです。1600m級の剣山系の尾根や渓谷、原生林の間を未鋪装の道がつづら折りにどこまでも続きます。
多くのオフローダーや観光客に愛されているコースですが、それは春〜秋の間だけ。11月中旬からは深い雪に埋まり、全面通行禁止になります。

つまり、M隊長、あんたはそんなとこに生徒を連れて行っとったんかい!?

M「ん?保護者も行きたいって言うだけど、
  ほんなにようけ車に乗らんかったけん生徒だけ連れて行ったんじゃ」

・・・そうだった、ここはそういう土地だった。きくだけヤボだった。

M「なんな? ほんでねこまっく先生は行かんのか?」

猫「(もちろん)行きます!

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

夕方、カセットコンロ、鍋、酒、食べ物やつまみ、毛布、ビデオなどをM隊長の愛車「パジェロ」に積み込み、M隊長、S先生(私が父とも慕っていた先生)、T先生、H先生(若い女性)、そしてねこまっくが、スーパー林道に向かいました。

40分ほど走るとスーパー林道の入口に。
「スーパー林道」「全面通行禁止」の立て看板、そして、工事現場でよく見る車止めが置かれています。
M先生は、ひょいひょいとそれを除け、ゆうに30cmは積もった雪の林道へグイーンとパジェロを踏み込ませました。

見渡す限り真っ白の世界。
道はどこ? どこを走っているの?
雪を蹴散らしながらパジェロは力強くぐんぐん登っていきます。
やがて秋にキャンプをしたファガスの森(←お蔵出し3 参照)に到着。
遊具も深々と雪に埋まっています。
そして、広場のまんなかには、大きなかまくら!
「うおーーー!」
生まれて初めて見るホンモノのかまくらに、みな興奮気味。
でも、ゆっくりしてはいられません。
寒いのなんの!! 空気が頬を切るようです。

わっせわっせとかまくらに器材を運び込み、換気のための穴だけ残して雪で入口をふさぎます。
大人5人が入れたんだから、かなり大きなものだったはず。生徒達、たいしたものです。
カセットコンロで鍋をし、熱燗をつくって、宴が始まりました。
灯油ストーブも持込んでたからかな?思いのほかあったかくて快適。
たくさん酒を飲み、夜が更けてやがて一人二人と眠りにつき始めました。
懐中電灯を消し、ねこまっくも毛布にくるまって横になりました。
でも、眠れない。非日常の宴に興奮してたのでしょう。
なんたって、かまくらで寝てるんですから!
それはH先生(女性)も同じだったらしく、二人で仰向けに寝転がって、
ぽつりぽつりと話をしていました。

ふと、気付きました。
かまくらの天井、ドームの中央に小さく輝くものがあることに。
なんだろう?
暗闇のなか、目を凝らします。

猫「なあ、あれ、なんだろう?」
H「なんでしょう?」
猫「・・・あっ!!」

それは、星でした。
空にまたたく星の輝き。

内部の熱がかまくらを少しずつ溶かし、
一番熱が集まる天井部分に、小さな小さな穴が開いたのです。
その小さな穴の中に、星がまたたいていたのです。

二人ともちょっと感動してしまい、それぞれの思いに入りこんで星を眺めました。
そして、そうこうするうちに眠ってしまったのでした。

明け方(だと思います。なにしろ光が入らないからわからない)、なにか妙な気配を感じて、目を覚ましました。
ねこまっくの頭の上の方、いや、もちろんかまくらの外なのだけれど、なにかがいる気配がする・・・。
息をひそめ、耳を立てる。
・・・雪がクッションになって音は小さいけれど、確かになにかが、それも小さくないなにかが動く音がする。

熊・・・?
熊か!?
熊なら、こんなかまくらひとたまりもない。

「中学校教師、浸入禁止の雪のスーパー林道でキャンプ、熊に襲われ死傷!」

そんなコピーが頭のなかで踊ります。
とにかく動かずに、音をたてずに・・・
と思とるのに、誰な!!大きいイビキかっきょんは!!?

ヤバイ!と思ったその時!

「ブホッ、ブフッ」
という鼻息。そして雪をかく音。

イノシシだ!助かった!!

今思うと、イノシシだって十分に危険なんですけどね(笑)。
とにかく、イノシシ(多分)君は、かまくらの外周をちょっとガリガリやっただけで去っていきました。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

朝、かまくらから出ると、そこは一面の銀世界。
太陽の光が雪面に反射して、まぶしいほどです。
昨晩到着した時には気付かなかったのですが、
ブナやナラの原生林は美しい樹氷になっており、
地面はさらさらした細かな雪にすっぽりと覆われています。

イノシシ君の足跡を探してみましたが、明け方に降り積もった雪に覆われ、なにも残っていませんでした。

さて、ここまではロマンチックでよかったのですが
ここからが阿鼻叫喚。

この雪のスーパー林道を、パジェロで降りなければならないのです。
いや、もちろん、私が運転するんじゃないけどさ。

M隊長の運転の腕は信頼しています。
スキー旅行の長野や新潟でも信頼に足る運転をしてくれてました。
でも、スーパー林道にはガードレールがないんです!
落ちたら谷底なんです!
ねえ、パジェロ、既に雪に半分埋まってるんですけど!?


現実に顔がひきつるねこまっく達など意に介さず、
M隊長はさっさと荷物を積み、運転席に乗り込みました。
「誰が助手席乗るんな?」

どういう流れかは分かりませんが
S先生がビデオ片手に乗り込みました。
ねこまっくはその後ろの列に。

さあ、出発です。

ズザザザッ。ズルッ!
「うわっうわっうわっ!」
「おー、滑んよる滑んよる」

滑んよる滑んよるって言いながら、
M隊長、アンタ、なんちゅうスピードで林道を下るんじゃーー!!

カーブを曲がるごとにS先生の素頓狂な悲鳴と、M先生の嬉しそうな「おー!」が繰り返されました。ねこまっくは声をあげることも忘れ、目を見開いてシートにかじりついていました。
自分が死ぬ時は、その状況くらいはわかって死にたいですからね。

・・・M隊長の腕はやはり確かだったようで、パジェロは無事、始業時間前に学校へと辿り着きました。そして、なにごともなかったような顔をして、勤務したのでした。

それにしても、S先生、あんだけ半狂乱に叫びたおしてたのに、しっかりビデオは回していたのでした。さすが、社会科教師(?)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
サイタマのネパールでも体験できないような事柄に(ほんとか?)わくわくしながら読んでしまいました。うちのほうにイノシシはいます。ハクビシンもいます。サルもいます。でもクマはいないと思います、多分。
最近、テレビで「かずら橋」を見ました。そういうところなんですか。。。
タカオ君
2007/01/25 03:28
ねこまっくさんの蔵出し話、ホンマに面白いなあ
自然が一杯の山中生活。
こんな町が今でもあるのかと、驚きとともに大自然の中でも人は逞しく生きている、そのことにすごく感動しています。

都会に住むものにとって、体験したくても出来ない、何か凄く羨ましいなあ。
風の旅人
2007/01/25 10:36
はははは〜!!これまたすごいお話です(笑)
ワイルドを通り越してデンジャラスですよね〜。
でもかまくらの中での宴、そしてまたたく星を眺めるなんて、そうそうできるもんじゃありません。羨ましいな〜と思いますヨ。
それにしてもM隊長の豪快っぷりにはいつものことながら驚かされます。一度お会いしてみたい♪
ponchi37
2007/01/25 14:33
いつ聞いても楽しい話、楽しい人たちですね。
かまくらの中から見た星、感動的だったでしょうね。
それにしても無謀な先生達です。もし何かあって、朝までに学校に着かなかったらどうなったのでしょう?
いまだったら週刊誌やワイドショーの恰好の餌食になっていたことでしょう。
カンツォーネ
2007/01/25 16:23
あーーー面白かった。こちらも2日続けて小雪が舞い散る天気で、この話題にピッタリです。最近,こういう事,できなくなった自分がすこしさみしく感じます。かまくらから見る星......。いいなあ。
ばく
2007/01/25 18:18
長編御蔵だし、お疲れさんでした。
雪道より何より、本当に猪が出たわけ?
お〜恐! 僕は勘弁だな。
ねこまっくさんは、十分野生娘ですね。

PS:混声合唱団が3つってのに驚き!
Papalin
2007/01/26 01:52
いつも、驚きで読んでます。
四国でも大雪が降る、学校の先生が規則を守らない、生徒をそんなところへ連れて行く、普通は考えられません。(^^ゞ
ねこまっくさんは、すごい所で先生をなさってたんですね。浮かんだコピーどおりのこと、起こらなくてよかったですね。
沙羅
2007/01/26 15:44
タカオ君さん♪
ハクビシンといえば、たしか、車に跳ねられケガをしたハクビシンを抱き上げた生徒が、保健室に「ハクビシンに噛まれた〜」ってやってきた事がありました。ハクビシン?? あの土地ではヤマネといい、ハクビシンといい、いろんな珍しい動物に出会いました。
「かずら橋」のある祖谷は、日本三大秘境のひとつです。あそこは“空(ソラ)”と呼ばれています。
ねこまっく
2007/01/27 01:13
風の旅人さん♪
そうですね、山での生活は、厳しさもあり、でも、そのなかでしか味わえない豊かさがいっぱいありました。
夏には、学校全員で那賀川で泳ぎ、魚とりをしました。それが体育の授業でした。
ただ、学校というものは、教師、生徒、保護者、地域、それらすべてがうまく噛み合ってこそのもの。1年ごとに状態は変わります。上記記事の頃は、学校の状態がほんとうに良かったので・・・だからこんなエピソードがいっぱいあるのです。
ねこまっく
2007/01/27 01:18
Ponchi37さん♪
ははは、ほんと今から思えば、ずいぶん無茶をしたものだと(笑)
M隊長は、お蔵出しシリーズのように先頭になってバカもやるけど、指導力があり、人間的に信頼できる、すばらしい教員でした。私もずいぶん影響を受け、このような人間に・・・。
しばらくお会いしていませんが、今もきっと無鉄砲ぶりは健在のはず(笑)また酒でも飲んで武勇伝を聞かねばなりません。
ねこまっく
2007/01/27 01:23
カンツォーネさん♪
まったくねえ(笑)どうするつもりだったのでしょう?
地域も寛大でしたからね。
でも、雪山で遊んだことや、川に全校で泳ぎに言ったこと、学活で山を駆け回って陣取りをしたことなど、きっと、生徒は大人になっても覚えていると思うんですよね。数学の方程式は忘れても、きっと。
無茶はしましたが、事故や問題になったことは一度もないのです。M隊長はそのへん、きちんと見極めていたのだと思います。
ねこまっく
2007/01/27 01:29
ばくさん、ロンドンは雪ですか?
私も最近、めっきり武勇伝が減りました。これでも落ち着いてきてるのかなあ(笑)
ばくさんは、お子さん達といっしょにこれからたくさんの経験ができますよね。
私は山の学校でアウトドアの楽しさに目覚めました。もっと小さい頃に、↑のような体験をたくさんしてたら、また違った人間になっていたかもしれないなと思います。
ねこまっく
2007/01/27 01:34
Papalinさん♪
イノシシは普通に出てましたね(あっさり)。
生徒の生活記録(日記)に「昨日夜中にトイレに起きて、オシッコしていたら、庭でブホッブホッとイノシシが何かを掘っていました」とか普通に書いてありました。

>ねこまっくさんは、十分野生娘ですね。
いえいえ、私など箱入り猫でございます。

>混声合唱団が3つってのに驚き!
そうでしょ? で、そのうちの混声合唱団1つと男声合唱団1つを、ねこまっくがやってます。我ながら結構エライぞと思います。
ねこまっく
2007/01/27 01:39
沙羅さん、ははは・・・(冷や汗)
そうですね、自分達も生徒達にもたくさん冒険はしましたが、
でも、卑しいこと、人を傷つけることは徹底して許しませんでした。
一昨年かな?成人した生徒と酒を飲んだんですが、
「あの頃は学校に行くことが楽しくて仕方なかった。学校中が家族みたいでしたよね」と言ってました。不覚にもほろりときたねこまっくでした。
ねこまっく
2007/01/27 01:49
うちはBSは観れませんが、今日のNHKの番組紹介で来月のおーい、ニッポン…徳島の番組案内をしてました。
第九のシーンも数秒流れましたが…ねこまっくさん、向かって中央よりやや左、後列より2〜3列辺りに紫色っぽい服を着てませんでしたか?
総合で放送される日もあるのですか?
海のはなし
2007/01/27 16:17
近付いてきましたねえ・・・。
どこで歌ったっけな?もう2カ月も前のことなんで忘れたけど、
だいたい、いつでも指示を出せるように、後ろの方から全体を見渡して歌ってますが・・・。
そうかあ、やっぱり流れてるんだ・・・。がっくり。
ねこまっく
2007/01/27 16:40
今回の紹介放送は、会場のドアからカメラが入って、歌ってる方々を(向かって)左から右にターン…途中で切れました。
もしあの女性がねこまっくさんとしてら、
たくさんの方々が写っている中(画面の中で20人以上が映ったままターンしてます)ですからね…探すのは難しいかも!
他にアップの映像があれば別ですが。
ねこまっくさんをよく知った方…
或いは、愛情を絡めた視線で探すのならすぐ分かりますよ…笑
海のはなし
2007/01/27 17:02
第九の収録はともかく、生中継は逃げられませんね。14分もあるし。顔を知られてるのは海のはなしさんとMayさんだけなので、へっちゃらです。
そういえば、来週ですね。・・・暗譜しなきゃ。
ねこまっく
2007/01/27 22:49
最近は、心を入れかえてラストを狙うことにしました。
メルヘンのような世界です。そんな学校だったら、そりぁ生徒たちは楽しかったのでしょう。いつもながら、こういう思い出があるのはホントに「いいなぁ」と思いました。
『「おーい」の番組紹介』タマタマ私もみました、千住明なんですね。「愛情を絡めた視線」で拝見しましたが、目についたのは、ご年配の女性たちだけでした・・、当日のご健闘をお祈りいたします。
人生ゆっくり
2007/01/28 05:46
人生ゆっくりさん♪
愛情をからめなくても、「第九」の団体のなかには、比較的若い女性は3人しかいません(笑)
さあ、どれでしょう。当日をお楽しみに。

上那賀で暮らしたのはたった3年でしたが、今の私を形づくるいろんな要素をもらった気がします。それが長所なのかどうかは置いといて(笑)
ねこまっく
2007/01/29 11:28
ねこまっくさんこんばんはです。
良い写真ですね、夜に撮影された為と思いますが
雪がきれいに青みがかっているので、冬の夜の寒さや
雪の冷たさがよく伝わってきますね。
かまくらで雪見酒いいなぁ〜!!
やすくん♪
2007/01/30 18:34
やすくん♪
猫なので寒いのは苦手なのですが、でも、雪は好きなんです。
だから、かまくらは名案でした。
なかなかできない経験ですよね。
ねこまっく
2007/01/31 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
お蔵出し7 〜雪の夜〜 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる