ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマス・コンサート

<<   作成日時 : 2006/12/11 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

昨日はわが男声合唱団のお座敷。
施設訪問してのクリスマス・コンサートでした。

この施設では、一人での歩行が困難な人や、
思ったことをうまく言葉にできない人・・・など、
いろんな障害をもった方が共同生活をしています。
わが男声合唱団は毎年のように訪問させていただいてますが、
あたたかく受け入れてくださって、本当に感謝しています。

こういうコンサートでは、ただ歌うだけでなく、
1時間を飽きさせないためのいろんな演出が必要です。
ツカミは入場。
100円均一でサンタさんの衣裳を揃え、一人はトナカイの着ぐるみを知り合いから調達。
鈴をかきならし、『ジングルベル』を歌いながらの入場です。
トナカイさんが恥をかなぐりすて、愛想をふりまきながら入場していました。
・・・普段、指揮者の私と目を合わすのもドギマギしてる人なのに
案外やるもんです。っていうか、みんな、けっこうノリノリです。

ア・カペラで『諸人こぞりて』『荒野のはてに』を披露した後、
ダンス付きで『赤鼻のトナカイ』、そしてペンライトを振りながら『きよしこの夜』を歌いました。

ここでサンタの衣裳を脱ぎ、黒シャツ、黒ズボンのシブいユニフォームになって
ロシア民謡や、男声合唱の愛唱歌を披露。
ちょっと難しいかな?と思ったのですが、みなさん、熱心にきいてくれて
ロシア民謡などはいっしょに歌っている方もいました。

会場全員で簡単なカノンを歌った後は、
『森の音楽家』『うんこの歌』(←これ、傑作!)『明日があるさ』などの楽しい歌で大盛り上がり。
うちの男声合唱団にはとっても手先の器用な方がいて、
『森の音楽家』で使う書き割りの楽器はその方の手作り。
また、揃いの蝶ネクタイも、「ボク、作れるよ」とあっという間に縫ってくれました。
いったいどんなお仕事をしてるのか、実はねこまっく、知らないんですが・・・。

アンコールや全体合唱も入れて、あっという間の1時間でした。
コンサートが終わった後も、「去年も来てくれたな。待っとったよ」「来年も来てよ」などと、たくさんの人が握手にきてくれて、心がほこほこしました。

おみやげに、施設で栽培しているというポインセチアと
来年の干支の置物(手作りです!)をいただきました。
金色のイノシシ、かわいいでしょ♪
画像


ついでに、わが男声合唱団です(ねこまっく撮影)
ちょっとボカしてあります。
画像


16日には、この男声合唱団で「ホームコンサート」を行います。
団員の一人のおうちで1時間ほどのコンサート、その後、観客も持ち寄りでのパーティです。
8人の団員が、ソロや二重唱にも挑戦します。まあ、発表会みたいなもんですね。
旦那さんやお父さんが合唱してても、家族が、実際に歌う姿を見たり、声を聞く機会って、意外とないものです。
今回の企画は、奥さんやお子さん、お孫さんなど家族に、仕事以外で頑張るお父さんの姿を見てもらいたい、という思いからなんですが、
さて、そのお父さんの姿が「カッコイイ」と写ればいいけどなあ・・・(笑)
2月に結成から約1年。
http://neko-mac.at.webry.info/200602/article_2.html
小さいけれど初の主催事業。準備からなにから大変ですが、ぜひ成功させたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
4℃ ピンキーリング
4℃は、ジュエリーだけでなく、バッグやレディースウェアもあり、そのデザインは爽やかさ、女性らしさに溢れ、年齢を選ばないデザインアイテムが多数あります。 ...続きを見る
4℃ リング
2006/12/11 14:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いや楽しそうな雰囲気です、いいですね。本当のところは、なかなかの実力なのでは・・。
「打ち上げ」の記事はないのですが・・?
そうかクリスマスでしたね。
人生ゆっくり
2006/12/11 20:59
男声合唱団、なかなか無いですよね。いい雰囲気だし、
とっても素敵な合唱団ですね。16日のホームコンサート、ご成功お祈りしてます。楽しい集いになりますように。
沙羅
2006/12/11 21:52
サンタのユニホームすごいです!全員ですものね。
それにトナカイの着ぐるみなんかどうやって手に入れたのでしょう?
ぱっと脱いでダークスーツ!いやはや素晴らしい演出です。
『うんこの歌』ぜひ歌詞だけでも公開を!
さしつかえなければ・・・・(ペコリ)
RORO
2006/12/12 01:30
私も先週、杉並区の社協などの主催によるイベントを見てきましたけど、障害者を含むバンドが中庭で歌・演奏しているのを見て、私もバンドやりたくなっちゃいました。もちろん理想だけじゃどうにもならない部分もあるけど。
追伸、「うんこの歌」って童謡ですか??童謡に動揺している私。。。なんちゃって!!
タカオ君
2006/12/12 03:37
人生ゆっくりさん、第九お疲れ様でした。
いい雰囲気ではあるのですが、実力はなかなか難しい!
8人のア・カペラってのは、ほんとに一人ひとりが歌えなきゃ成り立たないので。
16日にホームコンサートがあるので、打ち上げはその後ですね♪ いよいよ私も忘年会シリーズ突入です。
ねこまっく
2006/12/12 18:06
沙羅さん、ありがとうございます。
この男声は、みんな気のいい人ばかりです。
娘の年代の指導者にガミガミ言われて、大のおじさんがなかなか「ハイ!」って言えないですよね。彼らはエライ!
16日のホームコンサートの模様をまたアップしますので、楽しみにしててください。
ねこまっく
2006/12/12 18:08
ROROさん、サンタの衣裳、いいでしょ?
100円均一ショップ、バンザイです。
演奏会は見た目も大事ですものね。

さて、『うんこ』は、谷川俊太郎の詩に、青島広志が作曲したもので、マーチ風の2声のカノンです。
著作権にふれるので、さわりだけ・・・
♪ごきぶりのうんこはちいさい ぞうのうんこはおおきい
 うんこというものは いろいろなかたちをしている

♪2番はうんこの色、3番はうんこの役割を歌います・・・ぷっ(笑)
そしていよいよ4番
♪どんなうつくしいひとのうんこもくさい
 うんこよ きょうも げんきにでてこい

こんな歌詞を大マジメに合唱するっていいと思いません?
なかなかタメになるいい曲です。
ねこまっく
2006/12/12 18:14
童謡じゃないので動揺しないでください、タカオ君さん(♪)
『うんこ』については上にコメントしました。
れっきとした合唱曲です。
きっとカラオケには入ってません(笑)

以前、上記記事の施設に合唱指導にいってたことがあります。
楽譜なんかよめなくても、抜群に音感のいい人もいて
びっくりさせられたことを覚えています。
徳島でも、筋ジス患者さんや障害者によるバンドがあり、年に一度、自作曲でのコンサートを行っています。胸をうたれるものがありますよ。
ねこまっく
2006/12/12 18:19
派手なコンサートだけでなく、地道な活動もされてるのですね。それも皆さん仕事の合間に。なかなかできないことです。
でも楽しみながらやっているようにも感じられます。いいなぁ!
16日も楽しそうですね。このくらいの人数の合唱もいいなぁ。
カンツォーネ
2006/12/12 22:24
クリスマスコンサートお疲れ様です!
いいですねぇ〜自分達も楽しみながら、沢山の人にも楽しんでもらう!音楽って不思議な力をもっていますよね。できればうちのクリスマスパーティにも出演依頼をしたいくらいです、きっと子供たちの心も鷲掴み間違いない!『うんこの歌』なんて・・・なんて素晴らしい選曲なんだ!笑
May
2006/12/12 23:58
カンツォーネさん、こんばんは。
この団では年に2〜3回、こうした慰問活動をしています。
始めた当初は40分のステージを組むのに四苦八苦してましたが、回数を重ねるうちにいろいろネタも増えてって
1時間くらいのステージならわりと楽に組めるようになってきました。
踊らされたり、ソロさせられたり、トナカイの恰好をさせられたり、彼等も大変ですが、最近ではけっこう悦に入ってるふうですね。観客が目の前で楽しんでくれているのを見るのは、
なによりの意欲剤だと思います。
ねこまっく
2006/12/13 03:54
Mayさまのチェロとのコラボもいいですね♪
『うんこ』いいでしょ?
ほかにも、アンコールネタで『♪いい湯だな』もあります。
ババンババンババン ハァービバノンノン♪歯みがいたか!?
ドリフを知ってる世代には大ウケです。
あ、いえ、もちろん正統派の曲もたくさんやるんですけどね(笑)
ねこまっく
2006/12/13 03:59
> 2月に結成から約1年。

一番充実している時期かもしれませんね。
家族の深〜い理解があることをお祈りしております。
Papalin
2006/12/14 20:22
Papalinさん、ありがとうございます。
30年ぶりの友との再会、私まで熱くなりながら読ませてもらいましたよ。
音楽を自分なりの意識をもって続けていればこそ、の再会ですね。
Paplinさんほど感動的なシチュエーションではないけど、私も経験あります。これから事態がどう進んでいくのか、Papalinさんもわくわくされてるでしょう。こういう時は、その風に乗っちゃえばいいんですよ。・・・って、若輩の私がいうことではありませんが。
わが男声合唱団のホームコンサートの模様は近日中にアップします。よかったらまたお越しください。
ねこまっく
2006/12/17 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスマス・コンサート ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる