ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS お蔵出し2 〜コタツうさぎ〜

<<   作成日時 : 2006/11/17 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 25

犬もコタツで丸くなる世の中ですもの。
うさぎがコタツで丸くなっても不思議じゃない。
画像


レン君がコタツに陣取ってるのを見て
http://shiozaki-tsurigu.at.webry.info/200611/article_2.html
この写真を思い出しました。
もう11年も前の写真ですね。
上那賀町に「妙なうさぎがおる」ときいて取材に出掛けました。
(当時、月刊のタウン誌を出版してたので)
上那賀町は那賀川上流に位置し、深い山に囲まれた町です。あ、今は町村合併で那賀町になってしまいました。

取材におじゃましたTさん宅。部屋中にはもちろんコタツ。
「で、その“妙なうさぎ”はどちらに?」ときくと
ご主人が笑いをこらえながら、コタツぶとんをめくり上げました。
中には、ごらんのように、山うさぎが耳をたてて丸くなっていました。

名前は「ペタちゃん」。
林業関係者が山でうさぎの赤ちゃんを拾ったのをゆずり受け、
手の平に乗るか乗らないかの頃から育てたとかで、
よくなついていました。・・・というよりは、なんだか人間くさいうさぎでした。
お嬢さんがピアノの練習を始めると、お気に入りの座布団に座ってじっと聴いてる、とか、
時々ため息をつく、とか、
冬はコタツでまるまってる、とか、
好物は「明治カルケット」だとか・・・。

11年前ですから、もうお星さまになってるんだろうな・・・。

ねこまっくも、一昨年までうさぎを飼っていました。
一人と一匹で一軒屋に暮らしてたので、ほんとうに家族でした。
2年たった今も、まだその子のことは書けそうにありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モーツァルト物語 W
「わっ」 ...続きを見る
MIWOのレタスなLOGBOOK
2007/03/26 04:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
ウサギも、コタツに入るんですね。(^o^)
かわいいですね。
沙羅
2006/11/17 22:22
きゃー♪
可愛すぎる(^^♪
「うさぎさん、うさぎさん、毛皮着てても
寒いですか?」(うさちゃんに聞いてます。)

ねこまっく先生にお尋ねします。
(メールはやめときます。)笑…
ビブラートってどうなんでしょうか…
歌っていてビブラートの強い人の声が
気になります。なおしてほしいんですが、
これも個性だから、しかたないですか…
ソナチネ
2006/11/18 08:54
え〜、これってヤケドしないのかな? 大丈夫?
ウサギって知能程度は高いのですか?

ソナチネさんへの回答に興味あります。合唱とは違うでしょうが、私もとても細かいのですがビブラートがあります。
意識しているのではなく、自然になってしまうのです。
先生にそれについて何か言われた事はありませんが、いかがなのでしょうか?
カンツォーネ
2006/11/18 17:24
ねこまっくさんこんばんはです。
昨日はようこそ僕のブログにお越し下さいました。
いや〜可愛いウサギちゃんですね。
うさぎちゃんって寒さに弱かったっけ???
雪の上を走ってるイメージがあるのですが!?

それからポジよくお使いになられるそうですね。
僕もちょくちょく使います。
店のホームページもあるのですが、写真サークルやってますのでそちらのホームページ作ろうと思ってます。
お楽しみに!!

店のホームページ
http://www18.ocn.ne.jp/~psk_poti/
やすくん
2006/11/18 19:20
忘れてましたぁ!!
本日、僕のブログにリンク貼らせていただきました!!
やすくん
2006/11/18 19:35
沙羅さん、こんにちは。
上那賀町は標高が高いので寒いのですが、ペタちゃんは一応野生のうさぎの子なんですよね。あんなに寒がりで、もしTさんに拾われなかったらどうなっていたのでしょう。
ねこまっく
2006/11/19 17:59
「だって、おこたはぬくぬくなんだもん♪」
・・・って顔してますね、ペタちゃん。
うさぎさんは暑さに弱くて、寒さにはそこそこ大丈夫なはずなんですが(笑)人間と暮らすと人間くさくなっちゃうんですね。コタツでぬくもったペタちゃんは、ほっかほかでしたよ。
ねこまっく
2006/11/19 18:03
ビブラートはテクニックのひとつとして「かける」ものであって、いつも「かかってる」ものではありません。ビブラートをかける事によって声を豊かに聞かせたり、音色や曲の表情に変化を出すために使います。ソロでは効果的ですね。
でも!おかあさんコーラスとかでお目にかかる「ちりめんビブラート(つねに揺れてて音程さえ定かでないやつ)」・・・かんべんしてほしいですね。これは「かける」のでなく、喉に余分な力が入ったり、横隔膜などの支えが浮いてしまってるために「かかってしまう」類のものです。
合唱では大きなビブラートは天敵です。だって、ピッチが合わないですもんね。グレゴリア聖歌やルネッサンスものを歌う時には、ノンビブラートが鉄則です。ベートーヴェンやロマン派なんかの時には、迷惑にならない程度にかかるのは許容範囲です。
でも、ソナチネさんが「気になる」とおっしゃってる方はきっと「自分の音程やピッチが他の人と合ってない」ことなんて、気がついてないか、まったく気にしない人なんですよ。私も合唱団でビブラートがクセになってる人には時々注意しますが、なかなか直らないですね〜、発声練習から気長にやんないと。
ねこまっく
2006/11/19 18:19
カンツォーネさん、合唱におけるビブラートについては↑に書きましたが、ソロの、それもポピュラー畑ではビブラートは当たり前のものですよね。自分でコントロールできた方が、ぐっと「聞かせ方」の幅が広がりますよ。たとえば、サビの部分で長く音を伸ばすときなど、はじめの4拍は少し音量を抑えノンビブラートで、次の2拍でクレッシェンド、最後の2拍で大きくビブラートをかける。そうすると、音量の変化以上に、豊かな広がりをもったクレッシェンドを演出することができます。

うさぎは、とっても賢く、感情表現も多様な生き物でした。きれい好きで、トイレもすぐおぼえます。とてもひとなつこくて、かまってやらないとすぐスネるし、怒ると鼻をふくらませ後ろ足をバンバン踏みならします。うちのは、いつも私のお腹の上に長くなって寝転んでましたよ。
ねこまっく
2006/11/19 18:32
やすくんさん、リンクありがとうございました。
普段の仕事にはネガフィルムなんですが、年に30本くらいはポジを使うので、廉価なトレビがなくなったのはつらいです。ベルビア買わなきゃ・・・・。
ネガフィルムはしばらくは大丈夫なのでしょうか?
ねこまっく
2006/11/19 18:36
ねこまっくさん、有難うございます。
そうなんです。70歳代でちりめんビブラートなんです。
ビブラートが気になって、
どうしようもないんです。以前70歳代の女性で
シャンソンをされていたかたがビブラートが
きつかったんです。本人も分かっていました。
指導先生より、発声から
「すこしずつでも直していきましょうね。」
と言われて、少しして、やめてしまったんです。
そういうこともあって、
先生も言いにくいのかなって思います。
合唱の場合全体のバランスとかもあるので
ちりめんは直してほしいです。
ねこまっく先生、またよろしくおねがいします。

今日は寒かった。うさちゃんおこたに
入ってるかな…すねてないですか…(*^_^*)
ソナチネ
2006/11/19 22:20
リンクが飛べませんね・苦笑

ところで、猫が兎を飼ってたんですか。
その猫は実は虎で
猫が好きなはずのちりめんが苦手で
オタマジャクシが好きなんですね。
つくづく、変わった猫です。
カンツォーネさんとの音楽の話、海のはなしには何が何やら…です。
更に野田さんにだぶってしまいます。
これで部屋が汚ければ・お風呂が嫌いなら完璧なのですが…



兎のはなし
2006/11/20 15:09
ねこまっくさん、こんばんはです。
トレビですが、まだある可能性ありますよ。明日メーカーに
問い合わせてみますね。あと安いところでは「センシア」も
安いですね。それからポジ・ネガともにフィルムがなくなることはありませんよ。
フィルムでもしなくなる可能性があるとすればAPSかな!?
やすくん
2006/11/20 17:59
兎と海とねこまっくろのはなしさん。
リンク修正しました。不首尾ですみません。
海のはなしさんのページにトラックバックの表示が出ないのでヘンだなとは思ってたんですが。今度からきちんとリンクも確かめます。
ところで、私は魚が大好きです。小学校4年生まで肉が食べられなかったので、魚と漬物と米で育ったようなものです。虚弱で、お医者さんから「この子は大人になれないかも」と言われていたそうで、高麗人参やらローヤルゼリー、まむしの皮などあらゆる健康食品(なのか?)を食べさせられ、おかげさまで今はこんなに丈夫になりました。
だから魚、大好きです。刺身もいいけど、干物も好きですね。焼き魚、煮魚、揚げ物、南蛮漬け・・・なんでもこいです。小魚も好きですね。つまり・・・・干物でいいですよ、干物で(もみ手)!
ねこまっく
2006/11/20 18:43
やすくんさん、ありがとうございます。メッセージもありがとうございました!
「APS」って、見なくなりましたよね。うーん、ビデオテープでいう「ベータマックス」みたいな存在になっちゃうのかな?
「センシア」は最寄りの大型店では見たことないですね。「トレビ」も1本売りはまだ店頭に2〜3本残ってるんですが、6本(5本プラス1本)3530円(?)とかで買ってたことを考えるとバカバカしくて購入できません。それならまだ高くてもベルビアの6本入買う方がましかな、とか。
でも、ネガもポジもなくならないと聞いてほっとしました。これからもいろいろアドバイスお願いします。
ねこまっく
2006/11/20 18:47
先ほどはブログにコメントありがとうございました。
そうなんです。「APS」のISO200のフィルムも生産中止になりました。ベーターの例え最高です!!
「ベータマックス」はなくなりましたが、「ベーターカム」
は未だ業務用(放送用)で現役です。ENGといって
ニュースの取材などに使う肩に担いで使うあれです。最近では「ベータカムSP」といって少しコンパクトになった一体型が多くなってます。えっなんでそんなこと知ってるかって
実は放送関係の専門学校の放送技術学科を卒業してテレビの
カメラマンやアシスタントカメラマンをバイトでやったことがあるのです。ハイ
それからフィルムはなくなりませんよ、フィルムメーカーもデジカメ販売してますが、本当はフィルムの方をもっと勧めたいのですよ。まだまだデジカメよりフィルムの方が画質上です。一旦デジカメに変わってもまたフィルムに戻る方が多いですよ。そしてデジカメも使うけど大事な写真などはフィルムで撮影する方がほとんどですよ。
それから「トレビ」についてしらべておきました。
メッセージ送っときます。長くなってすいませんでした。
やすくん
2006/11/21 17:23
10巻読んでます。
片平元に出会えて今書き込みしてます。
ねこまっくさんのおっしゃるように、似てる(オデコ広い!)かも・笑
どんな展開になるのか…読み進めますので・また
海のはなし
2006/11/21 20:12
やすくんさん、いろいろ調べていただいてありがとうございます。
ねこまっくは出版関係の仕事をしてます。
うちではまだフィルムカメラ“のみ”です(←これはこれでどうかと思うけど・笑)
最近、デジカメデータでの入稿が多くなってきましたが、小さく使う分にはそう気にならないほど、画質は上がってきたようです。でも、大きくひきのばして使うと、やはり、なんちゅうか、奥行き??がないように感じてしまうんですね。ま、ただの好みの問題かもしれません。
でも、フィルムがなくならないときいて安心しました。
パソの方にメール送ってありますので、よろしくお願いします。
ねこまっく
2006/11/21 21:51
海のはなしさま、やっとカタイラ(片平)に会えましたか。
べつに、おでこだけが似てる、と言ったつもりはないですよ〜。
人の良さそうそうなとことか、調子の良さそうなとことか、腰の低いとことか、家族思いなとことか・・・ね。

それにしても、よくじわじわ買い進められますね(笑)
私は、もっぱら「大人買い」です。
ねこまっく
2006/11/21 21:55
ねこまっくちゃん、あのワンちゃん、助けて〜!あ〜〜見ていられない・・・ウウウ・・・
May
2006/11/22 08:45
Mayさん、あのワンコ、無事保護されました。
女のコですって。
全国から引き取りの申し込みも寄せられているとか、ほっ・・・。
ねこまっく
2006/11/23 09:49
「徳島」と聞くと「ねこまっくちゃん」という構図が私の中で出来上がってしまっており、ついつい衝動的に↑のコメントを入れてまって失礼いたしました〜。 
何はともあれ、一つの命が助かって良かった、良かった〜。
May
2006/11/23 14:52
Mayさま、私も偶然つけたテレビで、あのワンコのことをやってて、「あーーっ!」とか叫びながら見てました。
「まずは水と食い物だろう!!? そうやって警戒心を解いてから捕獲だろうが!!? キミら犬飼ったことないのか!」と怒り散らしていました。でも、無事保護されてほんと、よかった。
ねこまっく
2006/11/24 01:31
TB、ありがとうございます。
昨年この記事を読んだとき、嗚呼、と思いました。
ぴぴぞーちゃんのことがなければ、
モーツァルトの続編もまだしばらくは書かなかったでしょう。
ここには、まだいないけど
コニーちゃん、こんにちは。
Suzuka
2007/03/26 04:48
Suzukaさん、トラバありがとうございます。
トップページのブログペットがうさだったり、プロフィールにうさのことがあったので、もしや、と思ってましたが・・・。
モーツァルトちゃん(君?)は長くいっしょに過ごされたんですね。
コニーはたったの5年でした。最後は1カ月もの闘病の末・・・。
今でも、夜中など廊下を走る音が聞こえてくるような気がします。
「コニー」と口にすると、胸のあたりを内側からひっかいたような感じがします。いっしょに過ごした日々の喜びと、病で逝かせてしまった後悔なのでしょう、きっと。
いつか書ける日がくるといいのですが・・・。
ねこまっく
2007/03/26 12:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
お蔵出し2 〜コタツうさぎ〜 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる