ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ムチをふりふり♪

<<   作成日時 : 2006/10/26 04:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

ピアノ弾きとしての今年一番の演奏会は終わりましたが
今度は、指導者としての今年一番の演奏会が1カ月後にせまっています。

コーラス9の第3回目の演奏会は、モーツァルト生誕250祝年にちなんで
オール・モーツァルト・プログラムで組んだ「モーツァルト・コンサート」。
前半は、ソリストの先生方による歌曲やオペラアリア、
後半が、コーラス9による「戴冠ミサ」全曲です。

今日は、客演の先生による2度目のレッスンでした。
夏から練習を始めたものの、なんだか合唱団の仕上がりが思ったようにはいかなくて
先生に見ていただくのは不安だったのですが、
先生によると、出来はいい、らしい。
確かに、レッスンでの先生の指示は、一昨年や去年より高度なことをおっしゃっています。
技術的な指示だけでなく、フレーズの感じ方や、和声の移り変わりの感じ方などにも指示が出ているのですね。

画像


いつも指導していると、どうしても合唱団の“足らない”所ばかり目がいってしまいます。
まあ、もちろん、それでなくてはいけないんですがね、指導者は。
その「もっと」という要求にこたえることで、合唱団の地力(じりき)は
底上げされているのかもしれません。

一度は仕上げてステージにのっけた「Ave verum corpus」は
「よく出来てて、言うことなくて困る(笑)」と先生にほめられて
合唱団の面々はポカーン・・・。
いつも私に怒られてばかりだから、先生に手放しでほめられて拍子抜けしてるし。
(・・・この間のステージで、ねこまっくだってきちんとほめたじゃんか!信じてなかったのかよ!)

今年は「母音の変化によって響きがぶれないこと」と、歌詞と音との結びつきに重点を置いて指導をしてきたのですが、そこの部分は、ねこまっく的にはまだまだ納得いきません。
まあ、一年やそこらでどうにかなる問題ではないので、気長に取り組んでいこうと思います。

ねこまっくのレッスンはあと2回、そして客演の先生の2回のレッスンを経て
本番です。できるだけの準備をして、今年の締めくくりとなる演奏会にしたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
私は合唱経験がなきに等しいので、↑の話はよくわかりませんが、コーラス9はねこまっくさんの指導よろしく着実にステップアップしているようですね。
あと1ヶ月、頑張ってください。
カンツォーネ
2006/10/26 07:34
1ヵ月後の本番までにあと4回の練習。
海のはなしとしてはそれが多いのか少ないのか分かりませんが、1回の練習時間はどれ位なのですか?
ねこまっくさんの練習後の帰宅って随分遅いですよね?
海のはなし
2006/10/26 19:21
カンツォーネさん、こんばんは。
合唱もソロも基本的に「音楽をつくる」ということでは
練習の仕方は同じだと思います。
合唱の場合は、いくつものパートにわかれていますから
それを組み合わせて建物を建てていくような作業が必要になりますけれど。
指導者や指揮者のお仕事は、現場監督というか、交通整理というか、そんなとこですかね。考えてみれば、唯一演奏会において、「音を発しない」演奏者ですね。
ねこまっく
2006/10/26 21:42
海のはなしさん、こんばんは。
この合唱団の練習は夜の時と、昼の時があります。
ここのところ夜の練習が続いてて、
練習の後、ピアニストさんと打ち合わせと称した食事&ダベリを数時間・・・。帰ってパソを開けて、レン君とさくらちゃんの恋物語をチェックしに行って、ギンギン・・・というわけです。
ねこまっく
2006/10/26 21:44
ピアノで大演奏が終わったと思ったら、次は、指導者ですか?大変なスケジュールですね。
で、演奏会の曲目が、「オールモーツァルト」今年らしいですね。うらやましいです。歌う身にとっては、ベートーベンよりいいですね。(^^ゞ
「Ave verum corpus」大好きな曲の一つです。いつ歌ってもいいです。この曲が素晴らしい出来ということは、
「戴冠ミサ」もいい仕上がりなのでしょうね。近くなら聴きにいけるのに、残念です。
あと、4回の練習頑張ってください。
沙羅
2006/10/26 22:36
沙羅さん、コメントの返事が遅くなり、ごめんなさい。
うちの合唱団も上は80歳という合唱団なので
なにかと大変です(笑)
でも、そんな年齢になっても、向上心を持ち続けているってすばらしいことですよね。教えられることが多いです。
ねこまっく
2006/11/01 13:44
はじめまして。沙羅さんのところからです。
戴冠ミサ、一人でやると、こんなです。(笑)

http://papalin.yas.mu/W503/
Papalin
2006/11/22 01:58
大事なことを書き忘れました。
勉強になりました。
母音によって、音がぶれないように。そうですね。
Papalin
2006/11/22 01:59
Papalinさん、ようこそです。
多重録音戴冠ミサ、聞かせていただきました。
・・・うーーん、この熱意に絶句!
でも、この時代、ソプラノパートはボーイソプラノがやるのが普通だったらしいし、アルトはカウンターテナーがやったりもするし・・・もしや、当時の音の感じに近いのかも!?

八ヶ岳は学生時代、旅行しました。楽しい暮らしをなさってるようですね。少しずつ読ませていただきます。
ねこまっく
2006/11/23 01:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムチをふりふり♪ ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる