ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 湿布の季節

<<   作成日時 : 2006/09/09 03:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

生来の肩凝りである。
パソコンで仕事したり、ピアノを弾いてるし、もう仕方がないと腹をくくっている。
肩や首筋が凝ってないことなんか、ない。

ここのところ
10月14日本番の曲を譜読みしてたので
首筋がガチガチ。
これ、楽譜を凝視するからなんだろね。

おまけに、腕のいろんな筋、手首、手のひらの筋、指の関節など
あらゆるところが痛い。
7月の本番以来、トレーニングをなまけていたので
腕や指の筋肉や神経が呆けてるところに
ごっついハードな曲にとりかかったものだから、
体の方が悲鳴をあげてる感じ。

肩凝りはしてても、あまり薬とかにはお世話にならないのだが、
今はそんなことを言ってられない。
とにかく本番までトレーニングを休めないし
本番まで体がもたないことには話になんない。

で、今はこんなものにお世話になっています。
画像

湿布、バンテリンクリームゲル、それから飲むタイプの肩凝り薬。
あと、なんだ?貼るゲルマニウムとかいうやつも。
きいているのか、いないのか、よくわかんないけど。

思えば、去年の今頃も、部屋が湿布くさかったなあ。
秋の風とともに訪れる湿布の季節。ああ、いやだ。

昨日くらいからやっと少し指や腕の感覚がもどってきた感じ。
2時間、3時間弾いてもあまり妙な痛みを感じなくなった。
使わなきゃ、なまっていくばかりだから
一年に一度でも、こうやって大真面目にトレーニングする期間があるのは大事なことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
♪季節の変わり目を あなたの心で知るなんて♪っていう歌がありましたが、湿布薬で知るなんて!(くすり)
私も首筋がいつも凝っています。たまにスプレーとか目薬をつけていますが、ほとんど一時的な気休めです。
飲み薬もためそうかな、とか思っていますが、ねこまっくさんの人体実験の結果を是非教えてください。
カンツォーネ
2006/09/09 07:00
カンツォーネさん、なかなか盛り方がお上手です…笑
♪季節の変わり目を〜♪…さすが〜!上手過ぎ!!

ねこまっくさん!「あまり無理をしないでください」と言っても、もう発表日が近くなってますからね…。
頑張ってくださいと応援するしかないです。
「頑張ってください!」
でも薬に頼るより、ねこまっくさんの場合なら…『お札』とか『薬草』とか神がかり的な方が似合うと思うんですが。
海のはなし
2006/09/09 22:17
実は私もね、チェロを始めてからずっと、右腕の付け根が慢性筋肉痛状態・・・たった一週間に30分のレッスン、その間に弓を弾いている時間なんてしれたものなのにこの痛み・・・想定外の出来事だったわ〜 見てると軽々と優雅に見えるけど、何の何の音楽も感性だけじゃなくて、筋力も必要なのね。先日のレッスンで、先生は「弓を弾く右手が羽のように自由に動けるように」と・・・チェロの為に、筋トレだわっ!!
今夜ね、榊原大&池田達也(ベース)のデュオライブに行ってきます〜久々の生演奏にワクワク〜♪♪
May
2006/09/10 11:09
どおりで、湿布薬にお詳しいわけですね。
私も年中肩こりで、最近は腰痛まで・・・。
湿布薬は手放せません。
でも、ねこまっくさんは、大事なピアノを弾く手です。
お大事になさってください。
沙羅
2006/09/10 15:15
カンツォーネさん、「くすり」(笑)
人体実験の成果はですね、
そうですね、なんとなく効いてるかな?という感じです。
バンテリンか湿布か、飲み薬かゲルマか、どれが効いてるのか
相乗効果なのかはわかりません。
あと、歌う前とか、ピアノ弾く前と後に、ストレッチをやるようにしてます。ずいぶん楽かも。
またいい薬がみつかったらご紹介します。
ねこまっく
2006/09/11 00:56
海のはなしさん、こんばんは。
え?お札(さつ)? それは効き目ありそうですね。
徳島には「猫神様」という有名な神社があります。
勝負事にご利益があるそうで、受験前には大にぎわいです。
境内には招き猫がずらりと並んでいて
生きた猫もたむろしています。
過去2度ほど行ったことがありますが、
妙に落ち着いた気分がしましたね。
ねこまっく
2006/09/11 02:08
Mayさん、コンサートいかがでしたか〜?
私のチェロの先生は、「腕の重みで弓に圧をあたえる」と言っていましたが、なかなか・・・。結局その感覚を会得できないまま卒業してしまいました。
チェロやコントラバスなどの大きな弦楽器はそれなりに体力も筋力も必要なので、男性奏者が多いようです。
でも、Mayさんのあのひきしまった二の腕なら
きっと弓を自在に扱う日も近いかと。
私ももっと真面目にやっとけば、今頃、こんな二の腕にならずにすんだのかしら・・・(後悔)
ねこまっく
2006/09/11 02:15
沙羅さん、ありがとうございます。
湿布薬は、今、最寄りのドラッグストアのいろんなラインナップをかたっぱしから試しているところです。
どれが効くかな〜?
あ、あと、辛いものとか食べて汗をかくのも
血行がよくなるので、なんとなく良さそうです。
ねこまっく
2006/09/11 02:17
Pipに内服薬なんてあるんだ。すげ〜ね。
Papalin
2007/06/30 00:53
肩凝り用の内服薬です。劇的な効果はないけど、
なんとなくきいてるような気がします。きっと血行をよくしてんでしょうね。
そんなもの飲むより運動しろよ、とも思いますが・・・。
ねこまっく
2007/06/30 15:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
湿布の季節 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる