ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ほろにがデビュー戦

<<   作成日時 : 2006/06/27 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

26日は徳島県合唱祭でした。
ねこまっく率いる男声合唱団のデビュー戦でもありました。

結果は・・・そうですね、2敗1分てとこかな?なんとなく。

ア・カペラで3曲歌ったのですが、
自信を持って歌えるはずの1曲目で、皆さん緊張からか
思ったように声がのびず、「あれ?」「こんなはずでは?」という戸惑いが。
なんとか皆を落ち着かせようと、曲間にいろいろ信号を送りましたが、
問題の2曲目では、冒頭の超簡単な和音がきまらず(バスが音程崩壊・・・)
そのまま音程乖離・・・。
『低いわ!』と、手信号を送るけれど、本人はキョトン。
後半は、なんとか音程を立て直しましたが、イヤな汗が背中を伝いました。
3曲目はまあ、とにかく停滞することなく最後まで行き着いたので恩の字。

本番、板に乗ってしまうと、指揮者にできることなんてごくわずかしかありません。
そして、練習で出来ないことは本番では決して出来ない。
練習で出来ていることでも、本番の緊張がかかると、たいてい7割方くらいしかできないものなんです。
結局、やはり一番弱いパート、弱い部分(音程の悪さ)があらわになった本番でした。

まあ、如何ともしがたい部分もあり。

夜は居酒屋で打ち上げ。
一人ひとり、舞台の感想や反省を言っていきましたが、
ほとんどの人が舞台の出来ばえや問題点をきちんととらえていて、ほっとしました。

もっとレパートリーを増やしたい。
こんな曲が歌いたい。
1年後くらいにミニミニコンサートを開きたい。
いろんなことをみんなが語って、あっという間に3時間がたちました。

舞台の出来は、最終的には指揮者の責任です。
やるだけのことはやって、ここまでしか仕上げられなかったのだから
これが今現在の私の力です。謙虚に受け止めて、また勉強しようと思います。

それはそうと。
私もいろんなとこで指揮をしたりしてますが、
自分の師匠の前で振るのは実に十数年ぶり。
以前に振った時は、講評に「音楽はとっても素敵だが、女の人はマタを開いて指揮をしないように」といった意味のことを書かれました。ははは。
さて、今回はどうだったのでしょうか?
恐ろしくて、まだきけずにいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした。そりゃあ誰だって、いざ本番となると、自分の力をすべて発揮できるかどうかはギモンでございます。やっぱり場数を踏むしかないのかしら。。。(自分自身にも言い聞かせております、ハイ)
実はNHKでですねー、「オヤジバトル」なるものを開催しています。これは平均年齢40歳以上のバンドの全国大会なのですが、バンドでもロックからジャズ・フュージョンまで、それ以外にも琴などを組み合わせたバンドとか、ア・カペラのコーラスグループとか、とにかくいろいろなジャンルの人々が集まる大会なんです。これを目指して頑張ってみてはいかがでしょうか。
タカオ君
2006/06/27 04:34
【舞台の出来は・・・
            また勉強しようと思います】

素晴らしい指導者です。何の言い訳も無し、全てを自分の責任として反省し、状況を冷静に分析し、これから為すべきことを判断する。理性的で本当に素晴らしい。

大の男が素直について行くのも納得出来ます。

後はタカオ君さんのおっしゃるように、そういうことも大切でしょうね。

先ずは、徳島から素晴らしいオヤジ合唱団が誕生したことを心よりお祝いします。
オ・メ・デ・ト・ウ!!



山ちゃん
2006/06/27 08:21
オヤジ合唱団デビュー、おめでとうございます。
結果は時の運、次回頑張ってください。
私もデビュー戦では歌詞をいろいろ間違ったのに、後でテープを聴くまで気づかなかったりしました。
ホント、舞台は魔物です。

足を閉じて指揮するのって、なんか気合が入らなくて難しそうですね。私は右手でマイクを持つと、歌詞がすんなり出てこないのです。
クセを矯正するのも良し悪しかも。
カンツォーネ
2006/06/27 17:50
タカオ君さん、こんにちは。
え?!オヤジ狩り?? いやいや「オヤジバトル」?
ちょっと恐ろしいことを想像してしまいました。
そういうのがあるんですね。知らなかったです。
ただ、うちはオヤジというよりは、もう「おじいさん」が多かったりするんですよね〜(笑)
そんなでもいいのかな?

うちも正規の舞台の他に、施設慰問とかお座敷もやってて
そこでは、けっこういろんなことをさせてるんです。
まあ、まだスタートしたばかり。
あせらずにやっていきます。
アドバイスありがとうございました♪
ねこまっく
2006/06/27 21:21
山ちゃんさん、蔵元を囲む会の案内、ありがとうございました。
そのうち、うちの男声合唱団を連れてうかがえたらいいなと思ってます。
「うまくステージで歌えたら、御褒美に可夢庵で飲み会」を目標にしようかな(笑)
ねこまっく
2006/06/27 21:26
カンツォーネさん、こんばんは。
昨晩、舞台の録音が手に入ったので(イヤイヤ)聴いてみました。
指揮しながら聴こえてた音と同じ音が聴こえて、自分がけっこう冷静であったことがわかって、安心(?)しました。
合唱は横のライン(旋律)と縦のライン(ハーモニー、リズム)をきっちり作ることが大前提なのですが、
今回はハーモニーの確認に時間をさくことがあまりできなかったのが悔やまれます。
でも、旋律を“その歌らしく歌う”ということは、けっこう向上したのかなと思いました。
ま、2敗1分に変わりはありませんが(笑)

えー、マタを開いてたかどうかはちょっと自覚ありません。
写真が上がってきたら確認してみようと思います。
舞台は見映えも大事。自分達の指揮者にはやっぱりカッコよくキメてほしいものですからね。
ねこまっく
2006/06/27 21:45
素晴らしい目標です、達成して必ず実現してください。(笑)
うわばみ2号・3号さん他お二人が、今年の美味い酒を楽しむ会Bに参加していただきました。とてもお上品な飲み方でビックリしました。もしかして2号・3号さんはうわばみではなかったかも、等と考えながらお相手いたしました。当日参加者は9名、全員女性で、私はいい気になって飲み過ぎました。
A日程も20名参加中半数の10名が女性、女性の参加が顕著で先が楽しみです。今日C日程は16名の予定、果たして女性は何名でしょうか…  楽しみです。
山ちゃん
2006/06/28 07:53
やまちゃんさん
商売はいかに女性客を取り込むかにかかってます。
美味い酒を楽しむ会A・Bともに女性客の参加で大成功のようですね。
この調子で今日も商売繁盛しますように!

ねこまっくさん
【えー、マタを開いてたかどうかはちょっと自覚ありません。写真が上がってきたら確認してみようと思います。】
いえいえ、この場にて皆さんに判断してもらった方が、より客観的に的確な意見が得られると思うのですが…笑
海のはなし
2006/06/29 20:24
山ちゃんさん、こんばんは。
B、Cとともに昨日は飲み会でした。
いつもの調子でした。お上品? ははは、猫かぶってたんですよ。

海のはなしさん、こんばんは。
写真が上がってきたらアップします。自主規制をかけるかもしれませんが・・・。
ねこまっく
2006/06/30 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほろにがデビュー戦 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる