ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽雑記

<<   作成日時 : 2006/04/16 02:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

しばらく音楽の話をまったく書いてなかった。
ずっと活動はしてるのだが
どうしてもオフシーズンなので練習のテンションも低くなりがち。
新年度になって、いやでもシーズンが始まった。

●6月4日の『なるとの第九』演奏会に備え
今日は、指揮者の飯森範親さんがレッスンをつけにいらっしゃった。
若々しくて、指示の言葉のバリエーションが豊富、
メリハリのきいた、わかりやすい音楽作りが印象に残った。
いくつか新しく「そうか!」と気付かされたこともあり
有意義な90分のレッスンだった。

今日は、私は歌わずに、レッスンを見学。
つまり、指揮者のお尻ばかりを見てたのだが、
飯森さん、なかなかひきしまったお尻と下半身をしてた。
シェイプアップを心掛けていらっしゃるのかも。
しかし、ジーパンに「白いレザーの幅広ベルト」はいかがなものか?

●来週は県の合唱講習会。今年はモーツァルト生誕250年だからということで
モーツァルトの宗教曲を歌う。
久しぶりに歌える♪楽しみだ〜と、のんきに構えてたら
急に伴奏をしなければいけなくなった。
先生、たのむから、もう少し早くオファーをください。
こういうオケ版は、弾きにくんだよな。
それでなくてもモーツァルトはキライなのに・・・。
間に合うかなあ。ああ、飲み会を計画してたのに、おあずけかなあ。くすん。

●男声合唱団は4月29日に初ステージ(お座敷)。
8曲20分・・・大丈夫か?!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
合唱の世界にはオフシーズンがあるのですか。。。我々カラオケの世界にはたぶんない。ピークは忘年会→新年会のシーズンだったりして。
それは置いといて、ねこまっく先生、けっきょく発声の仕方って、「息もれしないように息を吐いて歌う」って感じでよいのでしょうか?? 発声に関してはナゾばかりの私。
タカオ君
2006/04/18 03:04
タカオ君さん、『ムーン・リバー』の進む具合はいかがですか?
合唱は夏〜秋にかけてがステージが多いですね。コンクールもその時期だし。だから、春から、コンクールがおわる晩秋くらいまでがオンシーズンなんですよ。

「息を吐く」というよりは、「息にのせる」という感じです。
必要な分だけ息を使う。
重要なのはむしろ、息をコントロールするために、横隔膜、斜腹筋、背筋、そして下半身などをきちんと使うこと。そして、喉にたよらずに、鼻腔で共鳴をかけること。子音や母音の発音を、どのようにするか(母音によって息をあてる位置や広さは違います)も、うまく息に声をのせるのに重要なポイントです。
下半身から頭のてっぺんまでつかって「体全体を鳴らす」というイメージです。
マイクを使うカラオケとでは、ちょっと違うかもしれませんが。ブログの方に質問事項など書いてくだされば、細かいことや練習方法についてもお答えしますよ。私ごときでよければ(笑)
ねこまっく
2006/04/18 14:15
『なるとの第九』は飯森さんが指揮者なのですか。
一流の方のレッスンを見学し、大変勉強になったようですね。
<メリハリのきいた、わかりやすい音楽>いいですね〜。とても大事なことだと思います。

上の発声法、勉強になりますね。私も心がけます。
カンツォーネ
2006/04/18 19:37
ねこまっくさん、こんばんは!
いよいよ29日、男声合唱団初ステージなんですね。で、お座敷?ステージなのでしょうか?なにか不思議な感じ!
あ〜あ、聴きにいきたいなぁ!
でもROROは5月3日近所のイトー○ーカドーでデモ演奏、6月11日はコンクール制の発表会(両方エレクトーン)が控えていて、連休は練習三昧となる予定です。
STAGEAを買ってからピアノがさぼり気味。
あ、今年の発表会はどうしよう....!
では、また遊びに来ますね。
RORO
2006/04/18 19:45
カンツォーネさん、発声については私もまだまだ勉強中なんです(うちの合唱団をつかって)。

なるとの第九は、指揮者がいつも楽しみなんです。
小澤さんや小林研一郎がきたこともありましたよ。
今年はビッグネームだけど、若くて男前なのでおばちゃんが大騒ぎです(笑)
ねこまっく
2006/04/18 20:04
ROROさん、こんにちは。
私のもってる合唱団は、よく地域の集まりやセレモニー、イベントなどにも呼ばれて、合唱を披露することがあるのです。
それを私は「お座敷」と呼んでます(笑)
(“音楽をきく”ことを一番の目的とした場じゃないですから)
とはいえ、お客さんはきちんと聴いてくれるし、
20分ステージをもたさなきゃいけないで
練習はやっぱりきちんとします。
ただ、お座敷の場合は、選曲もお客さんが知ってるようなもの、
楽しいものなどにしたり、時にはフリや踊りをつけたりと視覚的にも楽しんでもらえる仕掛けをします。
音楽会では、ピシッと歌うことにしてるんです。
だから、歌う方もお座敷をけっこう楽しんでます。合唱やってると芸達者になるなあ。

私も連休はお座敷があったり、伊丹で開かれる講習会に3日間参加したりと、けっこうてんこもり。お互い頑張りましょう♪
ピアノもさわってあげてね♪
ねこまっく
2006/04/18 20:11
ねこまっく先生の「必要な分だけ息を使う」と、うちの先生の「息もれしないように息を吐く」のと、同じ意味かもしれない。息もれ=必要以上の息だもんね。
タカオ君
2006/04/19 04:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
音楽雑記 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる