ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS デビュー

<<   作成日時 : 2006/04/30 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今日はねこまっくが指導してる男声合唱団の初舞台(正味はお座敷)でした。
「草の実まつり」という地域のイベントに出演し、
約20分歌う、というものです。
ステージは屋外。あちこちでバザーやゲーム、イベントをしてるので
生声を聞かせる合唱はキツイのですが、まあ、そこはそれ。

今日は朝から曇天。練習してる間にもどんどん雲行きはあやしくなってゆき、
会場に着く頃には雨が降り出してしまいました。
こうなると、野外ステージは使えません。だって、屋根のない客席にお客さんなんて来ないし。急遽、室内に会場を移し、キーボードなど設置し、歌うことになりました。

2月に結成してから、約3ケ月。
6月下旬にあるステージの曲を音取りしながらなので
練習不足は否めないのですが、まあ、「しのぐ」ということも
大事なことなので、今回はそんな感じ(苦笑)。

【今日の出し物?です】
●ふるさと
●いざ起て戦人よ
●Dona nobis pacem
●少年時代
●柑子(「木下杢太郎の詩より」)
●大きな古時計
●明日があるさ(ジョージア・バージョン)

さて、観客の反応は・・・。
実は、急遽、会場が変わったため、観客が少なかったのです。
わざわざ私達の演奏を聴きにきてくれたという合唱仲間は
「どこでやってるか分からなかった」って、聴いてもらえませんでした。残念。
最後の「明日があるさ」は、動きやちょっとした踊りをつけたり、タンバリンを入れたりと、にぎやかにしてました。この曲が始まるころに人が集まり出し、手拍子なんかもしてくれて、気分よく歌えました。やっと盛り上がった頃に終わっちゃたんですが、まあ、そこはそれ。

ここのところ、曲の輪郭をおおまかに作る、という作業ばかりをしていたので
細かいアンサンブルや、母音の統一などが乱れてきたようです。
今まではいろんな事情で「指揮なし」のアンサンブルが基本だったのです。
新しい団をたちあげ、私が指揮できるようになって、
挑戦できる曲の幅は広がったけれど、
「音」に対する注意力や集中力、アンサンブルの感覚が鈍くなってきたように思います。
指揮者はいるけど、自立してる合唱団を目指したい。
もう一度、基本にたちかえる必要があるなあ・・・
本番の指揮をしながら、そんな事を考えていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初舞台おめでとうございます。
会場の環境が悪くて少し残念でしたね。
ねこまっくさんがゼロから立ち上げた合唱団ですから、試行錯誤しながら、急がず目標に向かって頑張ってください。
<指揮者はいるけど、自立してる合唱団>いいですね。
カンツォーネ
2006/04/30 17:29
ねこまっくさん、初舞台おめでとうございます。
なにはともあれデビューはめでたいです。
はじめっから完璧なら逆に困っちゃいますよね。これからが楽しみ一杯ですね。
遠くからですが、応援しております。
RORO
2006/05/01 18:38
カンツォーネさん、ありがとうございます。
指揮者がいると、どうしても“考える”“感じる”ことをしなくなる、それがイヤなんですよね。
常々、要求してることなんですが、これ、実はけっこう高度な要求なのかもしれません。
ねこまっく
2006/05/01 18:48
「明日があるさ」はどんなアレンジだったか興味がヒジョーにあります。ゴスペルっぽい感じだったのかしら??
「音に対する注意力や集中力」は、私も耳が痛い。。。痛い。。。痛い。。。
タカオ君
2006/05/01 18:50
ROROさん、ありがとうございます。
6月の本番は、ちょっと気合い入れてシゴこうかと思ってます。

ROROさんも忙しい連休のようですね。
私は、連休は仕事、出張、講習会(伊丹)、講習会(県内)、そして原稿原稿原稿・・・・で、結局1日も休みはありません。
お互い、気合いで乗り切りましょう。
ねこまっく
2006/05/01 18:52
うちの団は、基本をア・カペラにしてるのですが、
「明日があるさ」はピアノ譜がついた合唱バージョンです。
そのまま歌ってもおもしろくないので、
は2番は誰それ、3番は誰と誰・・・というふうに
ソロなんかを入れながら、サビの部分は合唱にして、
途中のピアノソロのところで、全員で踊る、というように
適当にアレンジを加えました。
そういえば、最近のお座敷では必ず踊らせてるなあ。

合唱をやってる人(アマチュア)は、自分の音を注意深く聞いてチェックする、という行為が甘いように思うんですよね。
スキーやゴルフ、手芸や音楽・・・なんでも、自分の行為を客観的に見て、フィードバックするっていう習慣がついたら、3倍くらい速く上達するのにね。
ねこまっく
2006/05/02 13:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
デビュー ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる