ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記 五輪の思い出3

<<   作成日時 : 2006/02/17 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

いまだに日本選手メダルなし。
でも、昨日の岡崎選手のレースは“さすが”と、
感じ入るものがありました。

さて、ここ数年ずっと気になっていることです・・・。
いつの頃からか、五輪に挑む選手達が「自分らしく」とか「楽しんで来たい」という
コメントをこぞってするようになりました。
それはそれでいいと思うんですよね。
http://chokokuji.at.webry.info/200602/article_16.html
で、祐信さんが書かれているように、
国の期待を背負って命を自ら絶ってしまった円谷選手などは、
あまりに悲しすぎます。
プレッシャーを一身に背負って、それでつぶれてしまったり
力を発揮できなかったりするなんて馬鹿げたことです。
結局のところ、レースはその選手一人のものなのですから。

けれど、国の期待や、五輪の大舞台というプレッシャーを
力に出来るというのも、また、一流の選手の資格なのでしょう。
たくさんの人の声援を、力に換えることが出来る素直さ。
もしくは、そんなことにさえも揺らがない集中力。

それと、もうひとつ。
最近のスポーツ選手(に限らないか?)が
あまりにも「自分らしさ」「楽しんで」と言い過ぎること。
今度はその事にとらわれ過ぎてるんじゃないか、と。

“自分らしさ”なんて、意識して出すもんじゃないと思うんですが?
練習を積んで神経を研ぎすませて、一生懸命競技に身を投じた時、
その時、はじめて自分らしいレースや演技が出来るのだと思うのですよ。

「楽しむ」ってのは、意識してするものではないと思うのだが、どうか?
それを意識した時点で、もう既にニュートラルじゃないじゃん。
気持ちが競技に集中して、体の細胞が沸き立ってきたら
もうそれだけで、楽しくて仕方ないじゃんか。
そんな状態だと、もう他のことなんて目に入らなくて
自分の肉体の反応の良さに、自分でうれしくなってしまって
そりゃ、楽しくて楽しくてしょうがないと思うよ。
・・・それが、ほんとうの意味での「楽しむ」ってことだと思うんですが?

ま、自分の経験ですけど。
私は音楽ですが、なんでも同じだと思うんだけどな。

五輪に日本の代表として出場するようなアスリート達が
私でも経験してるようなこんなことを分からないでいるとは思えないんですが、
それでも、五輪の放送をやぶにらみしてると
特に、若い世代の選手達が、「自分らしく」とか「五輪を楽しむ」っていう意味を
はき違えているように感じられてなりません。

●前置きが長くなりましたが、
冬期五輪の思い出・・・・???
あまりに長野五輪の印象が強すぎて、他がかすんじゃってますね(笑)
リレハンメル?アルベールビル?どっちか忘れたけど
スピードスケートの靴がスラップに移行する時期で
早くにそれに履き替えた清水が勝ち、原行の靴にこだわった堀井が沈んだ。
時代の移り変わりを感じさせる象徴的なレースでした。

●長野は皆さん、よく覚えてますよね。
感動的なジャンプの試合、清水の他を寄せつけない強さ、
モーグルっていう種目をはじめて見たのも長野だったなあ(それ以前もあったのか?)
それからそれから・・・

●残念ながら、今回のオリンピックでは
まだ、そんな感動的な瞬間、私は見てません。
やっぱ、女子フィギュアかなあ?

今日の夕方のニュースで安藤の談話を見たのですが、
久々に、安藤が迷いのない目をしてるな、と感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フィギュアで注目する選手
 アンケートで、フィギュアが多かったです。だから、結構フィギュアが注目されているのではないかと思います。だから、アンケート。  フィギュアで注目する選手は?また、その人の注目選手の注目するところは、なんですか?  僕は、男子の高橋選手に注目していて、高橋選手の ...続きを見る
エースの興味シンシン
2006/02/17 02:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
フィギュア好きのN子に付き合って、男子フリーをフル観戦しました。さすがにお疲れ。例のロシア人が別の競技かのようなスコアをたたき出しておりましたよ。
さて、「楽しんで」問題ですが(笑)
実は言葉を知らないだけでは?と思うのですよ。彼らはアスリートであって、物書きでもコメンテーターでもないんだから。
ねこまっくさんが言うような「楽しむ」をコメントできるわけもないし、「自分らしく」も「自分にできる精一杯」みたいな事なんじゃないかと。
そんな努力をしたことない自分としては、そう解釈してるんですが、どうでしょう?(どうってこともないか)


ワルモノ
2006/02/17 08:46
おはよう、ワルモノさん。私もプルシェンコのおかげで
こんな時間に「おはよう」です。

「楽しむ」についてコメントありがとうございます。
そうなのかなあ? なんか、ポーズのひとつとして言ってるように聞こえるんですけどね・・・。
ひとつに、マスコミの功罪ってあると思います。
競技者なのに、テレビや雑誌にひっぱり出されるようになって
「なんか気のきいたこと言わなきゃならない」みたいになってるじゃないですか。普通に「頑張ります」とか「力を出し切りたい」って言えばいいのに。
五輪に出るような選手達は、世界の中での自分の位置も、
勝ち目があるか無いかも、わかってると思うんです。
そこで競技に挑む前に「自分らしく」とか言うのって
「それってはじめから“逃げ道”つくってんの?」とか思わないでもないんですよ。負けたっていいじゃんか!
本当に強い選手って、そういうコメントしなかったような気がします。
んで、また、アスリート達がテレビで「自分らしく」とか言うもんだから
今の中学生とか高校生とかが、やたらなんにでも「自分らしく」とか言うんですよ、考えもなく。
これもまた、功罪。
ねこまっく
2006/02/17 12:27
ところで、「感動がない」とか言ってたら
フィギュア・ペアですっごい感動的なことがあったんですって?!
ペアなんて見てないです。
N子さん、何があったか教えてください〜!
ねこまっく
2006/02/17 12:29
私も見てないんですが、中国のペアで事故があったとか。開始すぐのスローで女子が大転倒→負傷。いかにも痛そうなのに、そこから演技を再開してすべり切り、なんと銀メダル!
だそうですよ。すごいな。

流行りでしょうねぇ>自分らしく
誰かが言い出したんだろうな。アーティストとか?
ワルモノ
2006/02/17 16:30
ワルモノさん、情報ありがとうございます。
すごいですね。精神も肉体も強靱ですね。

「楽しみたい」は、千葉すずあたりからかな?
「自分らしく」・・・最近は、小学生まで作文とか発表で
そんなこというんですよ。
「その人らしさ」っというのは、他者の視点だと思うんだけどな、ねこまっくは。
ねこまっく
2006/02/17 21:37
「自分らしさ」「楽しむ」ってコメント、たしかにもの足りない感じがします。
あとマラソンなどで勝った選手が、よく「応援してくれる人たちに背中を押されて」って言いますよね。
要は最近の選手達の発言が、優等生的になってしまっていることが原因だと思います。監督や所属会社の担当者達に、企業イメージを悪くしないように指導されているのでは?
昔は、もっと自分の言葉でコメントする選手が多かったと思います。
選手達よ!もっと不良になれ!
カンツォーネ
2006/02/17 23:41
なるほど。
いろいろ勉強になります。
ありがとう。
祐信
2006/02/18 08:25
カンツォーネさん、こんにちは。
世界各国の試合を転戦したり合宿を組まなきゃ
世界と戦えない、となると
スポンサーさんはやっぱり大事で・・・
どうしても優等生的になるのでしょうか。
企業の経営不振でたくさんの実業団チームが消えていきましたものね。
トヨタ自動車さんとか日亜化成さんなんかが
ドーン!とスポーツ振興に資金提供してくれたらいいのにな。
ねこまっく
2006/02/18 20:43
祐信さま、今日は突然おしかけて失礼いたしました。
壁画制作の様子を、また見に寄らせていただきますね。
ねこまっく
2006/02/18 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑記 五輪の思い出3 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる