ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 搾りたての新酒を味わう会 in 可夢庵

<<   作成日時 : 2006/02/15 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨晩は、お気に入りの居酒屋「可夢庵」で開かれた
「搾りたての新酒を楽しむ会」に参加していました。

はじめに店主の山田さんから、新酒の特徴の説明がありました。
「今日は10種類の新酒を味わっていただきます」
おおおっ、早く早く・・・気がはやる!
「グラス、お猪口ともちょうど70ml入ります。それが10種類ですから
1杯飲んでも700ml・・・4合です」
ふむふむ、飲むぞ飲むぞ!4合ってしかしけっこうな量ですね。
「酵母が生きている状態で、炭酸がプチプチとして
口当たりがいいので、皆さん飲み過ぎてしまうのですが、
実はアルコール度数は高いのです。
いつも、この会では誰かが倒れてしまうので、
皆さん、ペースには気をつけてくださいね」
と、ニコニコしながらさらりと恐ろしいことを言う山田さんでした。

飲む気にはやっていた我々も、その言葉にちょっと我に返り、
最後までおいしく楽しく、そして他人に迷惑をかけないように飲もうと
気をひきしめてスタートしました。
ささ、飲みますよ!
画像

炭酸が見えますか?
甘さ、うまみ、さわやかな酸味もあり、
これぞ搾りたての味わい。

ずいぶん前ですが、とある蔵元さんのご好意で
初搾りの現場に呼んでいただいたことがあります。
酒袋からしたたり落ちる液体をグラスに受け、
そのままいただきました。

実際に瓶詰めされて店頭に並ぶ際には、
濾過して火入れして・・・という過程を経るので
ずいぶん味わいが変わってしまうんですね。
昨日の酒は、その蔵元で味わった搾りたての味と同じでした。




画像

まもなく県西部の名蔵「三好菊」の若社長さんが
新酒の瓶をひっさげてみえられました。
酒造りのいろんな話をうかがいながら、
「三好菊」「宝剣」「秋鹿」などの新酒をどんどんいただきました。

冒頭の山田さんの注意がきいてか、みんなわりとスローペース。
隣り合った人達とも、猪猟の話とか郷里の島の話とか
いろいろおしゃべりを楽しみ
お料理も味わいつつ、
10種類の新酒を堪能させていただきました。



画像
白魚の天ぷら。早春の味ですね。

3000円のおまかせ料理(9品のミニ会席)に、
女性は酒代1000円、男性2000円。
どう考えても赤字なんですよね。
でも、おいしそうに酒を飲む私達を、山田さんやお店の方は
これまたうれしそうに眺めてるのです。
ほんとにいい店です。

・・・・さて、ここまでは微妙にセーブしていた私達なのですが、
場所を移したとたんに、タガがはずれました。
いや・・・飲みに飲んだ日本酒が
ボディブローのようにきいてきたのかもしれません。

ねこまっく亭でビールを飲みながら、
またしても朝がきました。
「ここ(ねこまっく亭)がいかん。ここに来たら
いつもこうやって飲んでしまう」とか
酔っぱらいが目の前で怒ってましたっけ。
それにしても、酔うと時間の流れがやけに早く感じます。
記憶が飛んでるだけだろうか?・・・どんな記憶が?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
搾りたての新酒、うまそ〜う! たまらない!
「可夢庵」、最高!いい店!
酒代、2000円! 安い! えっ、ねこまっくさんは1000円? そ、そんな理不尽な。男性より飲む人が女性だからといって..。

ある千葉の酒の会で、「酔鯨」の搾りたてを飲んだことがありましたが、最初はプチプチしていたものが、少し時間がたったら普通の酒になってしまいました。
でも初めのものは最高に旨かったです。
カンツォーネ
2006/02/15 21:05
カンツォーネさん、ね、いい店でしょう。
今年は、冬の寒さが厳しかったので
酒もいい出来だと、蔵元さんがおっしゃってました。
今度は23日にこの「搾りたての会」があります。
カンツォーネさん、いかがですか(笑)

「酔鯨」高知のお酒ですね。
搾りたてを味わうのは、蔵元に行くのが一番です。
そういえば、この週末には、上記記事の「三好菊」などの蔵元見学会と中国・四国の地酒新酒品評会があります。
四国、徳島っていいとこでしょう?(笑)
ねこまっく
2006/02/15 21:53
やっとたどり着きました。
いいですね、可夢庵。私も参加したかった!

遅ればせながら、四文字熟語みて爆笑しました。
私なんか一つめ「臥薪嘗胆」ですよ・・・

日曜の演奏会、楽しみにしています!
じゅんじゅん
2006/02/16 20:36
じゅんじゅんさん、お疲れ様です。
すまんね、嫌がらせのメールを送りつけて(笑)
しかし、あんな価格であんな酒と料理が食べられたら
もう他の店、行けないですね。
でも、可夢庵に行く次の日は、予定を入れられないんですよね。機嫌よく飲みすぎてしまうのが、難といえば難ですね(笑)
まあ、わが徳島にああいう店があることに感謝しましょう。
仕事が落ち着いたら一緒に行きましょうね。
声の方はずいぶんもどってきました。
ねこまっく
2006/02/16 23:12
炭酸の音がする日本酒ですか…1度口に含みたいものです。
美味しいお酒と、美味しいつまみ…つくづく、いいお店ですね。
海のはなし
2006/02/17 21:17
海のはなしさん、こんばんは。
搾りたて、火入れをしてない、つまり酵母がまだ生きている状態の酒ならではです。
この時期だけのぜいたくな飲み物ですね。
徳島に来られることがありましたら、ぜひ可夢庵へ紹介させていただきます。
お酒をそんなに飲まない人も、料理だけでも楽しめる店です。
ねこまっく
2006/02/17 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
搾りたての新酒を味わう会 in 可夢庵 ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる