ねこまっくの日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS HAPPY BIRTHDAY♪MOZART

<<   作成日時 : 2006/01/27 02:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

去年あたりから大騒ぎしてましたが
そう、今年2006年はモーツァルト生誕250周年。
というのは、私も知っていましたが、
モーツァルトの誕生日が今日だとは知りませんでした。

1756年1月27日、これがかの天才の誕生日だとか。
私と同じみずがめ座ですね♪ 

この間からBSでは、連日夜中にモーツァルトのオペラを放送してます。
一昨日が『フィガロの結婚』
昨日が多分『ドン・ジョバンニ』(ちらっと見ただけなので)
今日は『コジ・ファン・トゥッテ』
この流れでいくと、明日、つまり27日の夜中はきっと『魔笛』でしょう。

どれもストーリーはアホらしいドタバタ劇。
男は女の尻を追い掛け回し、
『フィガロ』では、領主が臣下の花嫁の初夜権を狙って血眼になるし
『ドン・ジョバンニ』では、落とした女の多さを読み上げる歌まであるます。
『コジ・ファン・トゥッテ』では、2組のカップルが主人公。
ドラベッラとフィオルディリージという姉妹のそれぞれの恋人が
「オレの彼女の貞節は岩より堅い」とかなんとか言って、
それを試すために、別人になりすまして姉妹に近付き
恋人をとりかえて「落とせるかどうか」を競います。
で、やっぱり2人の姉妹は浮気しちゃうんですけど。
いや、その前にいくら変装してたって、気付くでしょうよ!

ストーリーはハチャメチャでアホらしいことこの上ないのに
音楽はどれもたまらなく美しいんです。

ねこまっくは、モーツァルトが苦手だったのですが
最近になってやっと、「やっぱりいいよね」と思うようになってきました。
トシとったってことかなあ。

『フィガロ』と『コジ』は
ハイライトですが、その昔、演ったことがあります。
記憶倉庫の最下層に沈めておいたのですが、
音楽聴いてたらよみがえってきたよ。・・・ああ、過去は消せない・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今朝のNHK(全国版)の放送でも、彼の生誕250周年による国内経済効果は1兆円だそうです。
音楽には無知ですが、経済効果について数字が出ると色々空想が広がります。
海のはなし
2006/01/27 09:24
モーツァルトはねこまっくさんと2日違いの1月27日生まれですか。
そういえばドイツにいる私の妹は29日の生まれです。いけねっ、お祝いの手紙を書かないと、また機嫌が悪いぞ。

オペラは詳しくないのですが、『フィガロの結婚』のアリアで“もう飛ぶまいぞこの蝶々”とか、♪恋人か女房が このパパゲーノに♪とかいうのがなかったですか?
調子の良いバリトンで好きでした。
“ドンジョバンニのセレナーデ”っていうのも高校の教科書で有りましたが、とても好きな曲でした。
相当古い記憶をたどっているので、間違っていたらごめんなさい。
カンツォーネ
2006/01/27 21:17
海のはなしさん、こんにちは。
1兆円ですか!?ライブドアなど目じゃないですね。
何万円もするコンプリートCDとかが飛ぶように売れてるそうです。
今年は、モーツァルトの音楽に
たくさんの人が出会う1年になりそうですね。
ねこまっく
2006/01/28 17:04
カンツォーネさんの妹さん、ドイツにお住まいなのですか?
きっと、ドイツも27日は大騒ぎだったのではないでしょうか。

「もう飛ぶまいぞこの蝶々」は『フィガロの結婚』の中で
主人公のフィガロが、悪戯ものの小姓ケルビーノをいぢめながら歌うアリアですね。
「パパゲーノ・・・」は『魔笛』ですね。
どちらもバリトンの有名なアリア。
カンツォーネさん、さすが、よくご存じです。
どれもモーツァルトらしい、軽やかさと華麗さに満ちた音楽ですね。
カンツォーネさん、ライブで「もう飛ぶまいぞ・・」いかがですか?
ねこまっく
2006/01/28 17:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
HAPPY BIRTHDAY♪MOZART ねこまっくの日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる